浅間山登山のご案内

雄大な浅間連峰は、大自然の宝庫

asama_summer

日本を代表する活火山「浅間山」は我々よりも遥かに長い歴史を生きてきた山です。

四季を通じて、多くの登山者を魅了してきました。また、浅間山、黒斑山、高峰山は、「花の百名山」として5-9月にかけて多種多様な高山植物をみることができるのも特長です。

入山注意情報

火口周辺警報(レベル2:火口周辺規制)(令和3年3月23日)

日本で初めて火山観測所が設置され、最も監視体制の整った山の一つです。火山活動の監視や火山情報の発表は、気象庁の火山監視・警報センターで24時間体制で行われています。

令和3年3月23日16時に、気象庁から「浅間山噴火警報(火口周辺)」の発表がありました。概要は次のとおりです。

・わずかな傾斜変動を確認(3/15頃)

・山体浅部を震源とする火山性地震が増加(3/20頃から)

・火山ガスの放出量の増加

このことから、火口から概ね2km以内に影響を及ぼす小規模な噴火の可能性があります。

賽の河原の分岐から前掛山山頂への登山道は、規制区域内となりますので、くれぐれも立ち入ることのないようにしてください。

また、市街地及び各登山口は、火口から4km以上離れています。万が一、噴火が発生した場合にも、宿泊施設や観光施設等は、通常どおり営業を継続されるので、ご安心ください。

外輪山縦走をお楽しみください(前掛山は登山できません)

気象庁の噴火警戒レベル引上げを受けて、小諸市では3月23日(火曜)16時から登山規制を実施します。これにより火口から概ね2kmの範囲内への立入ができなくなります。外輪山の縦走は可能ですので、登山される方は、最新の浅間山の火山情報(気象庁)を確認の上、活火山であることに留意し、安全装備(ヘルメット等)を持参して入山しましょう。

○登山可能なコース

【火山館コース】

浅間山荘⇒一の鳥居⇒二の鳥居⇒火山館⇒湯の平分岐⇒草すべり⇒黒斑山⇒蛇骨岳⇒仙人岳⇒Jバンド⇒賽の河原分岐⇒湯の平分岐⇒火山館⇒二の鳥居⇒一の鳥居⇒浅間山荘

【黒斑コース】

車坂峠(高峰高原ホテル前)⇒槍が鞘⇒トーミの頭⇒黒斑山⇒蛇骨岳⇒仙人岳⇒Jバンド⇒賽の河原分岐⇒湯の平分岐⇒草すべり⇒車坂峠

※登山道は、残雪で滑りやすい箇所があるため、軽アイゼンまたはチェーンスパイクを携行してください。(5/8更新)

黒斑コースと火山館コースのいいとこどり!外輪山縦走を楽しめる「マイカーお届けサービス」

2020.10/17に初冠雪した浅間山

koyo_asama2
koyo_asama3

浅間山は、浅間山荘口(火山館コース)、車坂峠口(黒斑コース)の2つの登山口があり、分岐点も複数あり、体力に合わせていろんなコースを選ぶことができます。「いいとこどり縦走コース」(長野県佐久地域振興局)は、「いろんな景色を一度の登山で見たい!」、「行きと帰りは、違う道を通りたい!」そんな方におすすめです。

コースタイム6時間以内で、黒斑山、蛇骨岳、仙人岳という3つの頂(ピーク)からの絶景を臨み、進むごとに大きく迫る浅間山や箱庭のような「湯の平」など変化に富んだ登山を楽しめます。

なお、積雪期(12-4月)は、蛇骨岳、仙人岳、Jバンドの稜線は、岩場が多く危険です。

浅間山縦走マイカーお届けサービス(こもろ観光局)」がはじまりました。登山の前々日15時までに申込いただき、車坂峠口にある高峰高原ホテルのフロントに鍵を預ければ、下山時に浅間山荘口にマイカーをお届けします。

 

火山館休館のお知らせ

毎週月・火曜日は、休館となります。

6月28日(月曜)から7月1日(木曜)までは、臨時休館とさせていただきます。。

臨時館日は、屋内休憩スペース及びトイレの使用ができません。できるだけ入山前に済ませていただくか、携帯用トイレを持参してください。美しい国立公園維持のために、ご理解とご協力をお願いします。

asamayama

入山注意(新型コロナウイルス関連)

長野県では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「入山注意報」を発表しています。感染予防に配慮した救助活動は、非常に困難なため、以下ご協力をお願いします。

○無理のない計画を立て、必ず登山計画書を提出してください。

○早めの入山と下山を心がけてください。

○火山館で休憩をされる方は、マスクの着用と手指のアルコール消毒の上、立ち入るようにしてください。

○万全の体調で登山をお楽しみください。

噴火警戒レベルと登山コース

予報・警報

レベル(キーワード) 登山コース等
噴火予報 レベル1(活火山であることに留意)
  • 火山館コース

浅間山荘~一の鳥居~二の鳥居~火山館~湯の平分岐~賽の河原分岐~前掛山

  • 黒斑コース

車坂峠~槍が鞘~トーミの頭~黒斑山~蛇骨岳~仙人岳~Jバンド~賽の河原分岐~前掛山

火口周辺警報 レベル2(火口周辺規制)
  • 火山館コース

浅間山荘~一の鳥居~二の鳥居~火山館~湯の平分岐~草すべり~黒斑山~蛇骨岳~仙人岳~Jバンド~賽の河原分岐~湯の平分岐~火山館~二の鳥居~一の鳥居~浅間山荘

  • 黒斑コース

車坂峠~槍が鞘~トーミの頭~黒斑山~蛇骨岳~仙人岳~Jバンド~賽の河原分岐~湯の平分岐~草すべり~車坂峠

火口周辺警報 レベル3(入山規制)
  • 火山館コース

天狗温泉浅間山荘⇒一の鳥居

  • 黒斑コース

入山できません。

噴火警報 レベル4(避難準備)

入山はできません。

 

(居住地域での避難準備・災害時要援護者の避難等が必要)

噴火警報 レベル5(避難)

入山はできません。

(危険な居住地域からの避難等が必要。)

 

最新の火山情報

最新の気象庁の発表を確認の上、ヘルメット等を携行し、登山するようにしましょう。

・最新の浅間山の火山情報(気象庁)

・火山に関する情報の発表状況(気象庁)

過去1か月に発表された情報を確認いただけます。

ヘルメットの無償貸出

ヘルメットは、自然保護と遭難防止対策の拠点として小諸市が設置している火山館のほか、各登山口にある宿泊施設等で用意がありますので、ご利用ください。ただし、数に限りがあるため、できるだけご自身で用意をお願いします。

また、登山口周辺の宿泊施設等は、火口から4km以上離れた場所にあります。

登山者の皆様の「安全」のために、小諸市では次の取組を実施しています

案内看板の設置

「火山館コース」、「黒斑コース」の登山口と「火山館」で、噴火警戒レベルの案内看板を設置しています。

火山館の設置及び職員の常駐

火山館(火口から2.3キロメートルの地点)には、市の職員が常駐し、登山の案内等をしています。

防災無線行政無線の設置

防災行政無線のスピーカーを登山口、黒斑山頂、火山館に設置しています。緊急時には、放送を実施します。

火山防災監視カメラの設置

高感度カメラと赤外線カメラにより、火山の状況と登山者の有無を確認しています。

シェルター(避難壕)の設置

火口から約500m地点、火口から2.3km地点(火山館)、火口から3km地点(黒斑コースの槍が鞘)にシェルター(避難壕)を設置しています。

小諸市防災情報メールサービスの運用

小諸市防災情報メール配信サービスへの登録者に対し、気象庁発表の火山情報、気象情報、市からのお知らせをメール配信しています。

夏山相談とパトロールの実施

浅間連峰地区山岳遭難防止対策協会の相談員が7~10月の週末に登山口等で夏山相談を実施するほか、パトロールを行います。

ルールとマナーを守って、安全で楽しい登山を!!

●浅間山の火山活動による危険を防止するため、災害対策基本法に基づき、浅間山の火口から4km以内を警戒区域とし、立入りを禁止していますが、「噴火警戒レベル」に応じて、登山道については、立入りを認めています。

●気象庁が噴火警戒レベルを引き上げた場合、市は、放送等により、登山の規制等に関する指示をしますので、必ず従ってください。

●浅間山は、活火山です。一見平穏に見えても、突然噴火する危険性があることを十分に認識し、登山中に異常を感じたり、危険だと判断した場合には、迷わず下山してください。

●山の天気は非常に変わりやすいため、雷などには十分注意しましょう。

●長野県登山安全条例により、指定登山道の登山には、登山計画書の提出が義務付けられています。黒斑コース、火山館コースは指定登山道となっていますので、登山計画書を提出してください。登山計画書は、各登山口に備え付けてありますので、ご利用ください。

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 商工観光課 観光交流係

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-24-3570


お問い合わせはこちらから

更新日:2021年06月10日