農業用ビニールの飛散防止について

 このことについて、飛散した農業用ビニールが北陸新幹線の架線に付着したことにより、列車が大幅に遅延する事象が発生しました。

昨年4月にも同様の事象があり、2年続けて農業生産活動が原因で、公共交通機関の運行に支障をきたす事態が発生してしまいました。

つきましては、下記の留意事項を踏まえ、改めて農業用ビニールの適正管理をお願いします。

1 留意事項

  1. 平マルチを展張する際は、周囲を十分な土で押さえるとともに、必要に応じ中央部に土や石などの重しをのせる。
  2. ほ場で越冬してきたマルチは、周辺部の土が風食等で飛ばされて軽くなり、剥がれやすくなっているので、再度土をかけ直す。
  3. ハウスビニールはビニペット、マイカー線、パッカー等の留め具を点検し、しっかり固定する。
  4. ビニール被覆、マルチ展張作業は、風が強い時は避け、複数で作業にあたる。
この記事に関するお問い合わせ先
産業振興部 農林課 農業ブランド振興係

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-24-3570
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年03月28日