農作業に起因する火災防止について

このところ、枯草などを焼却する火が周辺に延焼し、山林等へ燃え広がる事故が発生しています。

春先は、空気が乾燥していることや、気温の上下に伴い急に風が強くなるなど、焼却作業には大きな危険が伴います。

このためできる限り焼却による処分を回避することとし、堆肥化、土壌改良資材や敷わら等としての活用を図ってください。

やむを得ず焼却する場合には、一人では絶対に行わず、必ず複数人で行うこととし、以下を徹底してください。

風のないときを選ぶとともに少しの風でも火の粉や火のついた枯草が舞い上がり延焼につながる恐れがあることに留意し、風が出てきたらすぐに焼却作業を止めること。また、風がない場合でも焼却はできるだけ少量とし、周辺への延焼や炎が大きくならないように細心の注意を払うこと。

水を入れたバケツ等を用意するとともに、消防へ連絡できる手段を確保しておき、万が一の事態に備えること。

絶対にその場を離れないこと。また、作業終了後は完全に消火するともに、残り火がないことを必ず確認すること。

 

この記事に関するお問い合わせ先
産業振興部 農林課 農業ブランド振興係

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-24-3570
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年05月07日