天領の里・御影用水史料館(概要)

「小諸市立天領の里・御影用水史料館」ロゴイラスト
天領の里・御影用水史料館外観の写真

小諸市立天領の里・御影用水史料館

小諸市大字御影新田字屋敷894-24

電話

0267-25-1210

開館

4月~9月の毎週日曜 午前10時~午後3時
(10月~3月 休館)

社会科見学等で平日に見学を希望する場合は小諸市教育委員会生涯学習課までお問い合わせ下さい。

小諸市教育委員会生涯学習課生涯学習係

長野県小諸市相生町3-3-3 小諸市役所2階

電話

0267-22-1700 内線2283・2281(生涯学習係)

 御影新田は、江戸時代に浅間山麓千ヶ滝と湯川を水源とする用水開削により、新田開発され、佐久小県地方の八十七ヶ村3万石の幕府直轄領「天領」を支配する代官所として御影陣屋が置かれました。御影陣屋跡は県史跡に指定され、御影新田の道祖神祭は県の無形民俗文化財に指定されるなど、多くの歴史的文化遺産が伝承されています。

御影道祖神祭でしようする山車のミニチュア模型の写真

御影道祖神祭 山車のミニチュア模型

 この史料館は、御影陣屋、御影用水及び道祖神祭など、御影地区に残る歴史的史料を収蔵展示し、市民の郷土学習を推進するため、平成15年度地域づくり総合支援事業で県の補助を受け建設されました。

御影用水史料館の展示室内部の写真

展示室内部

御影用水史料館の館内案内図イラスト

館内案内図

御影用水史料館へのアクセスマップイラスト

交通案内

上信越自動車道佐久インターから自動車で15分
小諸駅より自動車で20分
佐久平駅より自動車で15分

地図

天領の里・御影用水史料館

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 文化財・生涯学習課

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-23-8857
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年03月28日