小山敬三画伯

小山敬三画伯の写真

 画伯は小山久左衛門の三男として小諸に生まれ、上田中学まで当地に育ち、慶応大学予科に入学のため故郷小諸を離れました。その後芸術家への道を志し父君と親交のあった島崎藤村のすすめもあってフランスで油絵を研鑽(大正9年~大正17年)、帰国後は一水会、日展等で作品を発表し、昭和35年日本芸術院会員、昭和45年文化功労者となり、昭和46年小諸市名誉市民に、昭和51年には茅ヶ崎市の名誉市民に選ばれ、昭和50年文化勲章を受章しました。同年小諸市に小山画伯から建物と絵画が寄贈されて作られたのがいまの小諸市立小山敬三美術館です。

小山敬三画伯略年譜

明治30年

 8月11日小諸市に生まれる。

大正9年

 島崎藤村のアドバイスによりフランスへ留学。

大正11年

 サロン・ドートンヌに入選。

 マリー・ルイズ・ド・モントルイユと結婚。

昭和2年

 パリのバレンヌ画廊で個展、仏政府買上げ。

昭和3年

 日本へ帰国。

昭和4年

 茅ヶ崎にアトリエを建てる。

昭和8年

 サロン・ドートンヌ審査員に委嘱される。

昭和11年

 石井柏亭、有島生馬、安井曽太郎ら8人で一水会を結成。

昭和31年

 日本橋三越で画業30年展を開催。

昭和33年

 社団法人日展の評議員となる。

昭和34年

 日本芸術院賞受賞。

昭和35年

 日本芸術院会員、日展理事。

昭和45年

 文化功労者として顕彰される。

昭和46年

 小諸市名誉市民。

昭和50年

 小山敬三美術館を建設、作品と共に小諸市に寄贈。

 文化勲章受章、日本橋三越で画業60年展開催。

昭和51年

 茅ヶ崎市名誉市民。

昭和60年

 私財2億円を寄付して社団法人「小山敬三美術振興財団」を設立。

昭和62年

 2月7日死去。

連絡先

市立小山敬三美術館・記念館

電話

 0267-22-3428

住所

 小諸市丁221番地(懐古園内)
(4月~11月は無休・12月~3月は水曜休館)

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 文化財・生涯学習課

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-23-8857
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年04月26日