第3次 小諸市健康づくり計画「げんき小諸21」を策定しました

 小諸市では、第3次健康づくり計画「げんき小諸21」を策定しました。
 この計画は、平成30年度から向こう6カ年間の保健行政の目的・目標を明らかにし、これを実現するための主要な施策を示したものです。第5次小諸市基本構想・第10次小諸市基本計画の下部に位置する分野別計画として、また、第2次健康日本21、第2次健やか親子21、自殺総合対策大綱に照らした、「市町村健康増進計画」、「市町村母子保健計画」、「市町村自殺対策計画」として策定しました。

 新しい計画では、「一人ひとりが健康にこころがけ、みんなで支えあうまち」を基本目標としました。

 これまで小諸市は、死亡率は低く、恵まれた医療環境にありながら国保医療費も低く、健康についてはおおむね良い状況でしたが、今回の計画で現状を把握してみると、健診の受診率は低く、高血糖の方が多いことがわかりました。高血糖は血管を傷つけ、さらに糖尿病になると脳梗塞や腎不全による人工透析などのリスクにもつながりますが、適切な生活習慣や治療により重症化を予防できる病気でもあります。日ごろから食事のバランスを整えたり運動を習慣化するなど健康にこころがけ、年齢を重ねてもげんきに自分らしく過ごせるとよいですね。

 第3次健康づくり計画「げんき小諸21」の本編と概要版、及び、策定にあたって実施した市民アンケートの結果は、下記よりダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部 健康づくり課

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-25-1880 ファックス:0267-26-6544


お問い合わせはこちらから

更新日:2019年03月28日