ディスポーザの使用について

ディスポーザとは、流し台の排水口の下に付け、野菜クズや魚の骨などの生ゴミを細かく砕いて、水と一緒に下水道へ排水する機械のことを言います。

ディスポーザには、砕いた生ゴミをそのまま直接下水道へ流す単体のみのタイプと、排水処理装置で処理をしてから流す排水処理タイプがあります。

単体ディスポーザの使用はできません。

単体のディスポーザとはディスポーザ本体のみで、生ゴミを含んだ排水を直接下水道へ流すものです。

小諸市の下水道・農業集落排水は共にディスポーザの使用を前提として整備されていません。そのため、排水管や下水道管の詰まりの原因になったり、下水道処理施設に悪影響を与えてしまうため、単体での使用はできません。

ディスポーザ排水処理システムについて

ディスポーザ排水処理システムとは、ディスポーザで破砕された生ゴミを含む排水を、排水処理装置で処理をしてから下水道へ流すものです。

小諸市では、公益社団法人日本下水道協会で定めた「下水道のためのディスポーザ排水処理システム性能基準(案)(平成25年3月)」に基づき、同協会の製品認証を受けたものでなければ設置できません。

設置には申請が必要です

ディスポーザを設置するには「小諸市ディスポーザ排水処理システムの取扱いに関する要綱」により申請が必要となります。

排水設備になるため、小諸市下水道指定工事店でなければ設置はできません。必ず小諸市下水道指定工事店へ依頼をしてください。

この記事に関するお問い合わせ先
建設水道部 下水道課 施設建設係

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-23-8857
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年02月05日