下水道(農業集落排水)と上手につきあうために

 下水道(農業集落排水)は自然や生活環境をよりよくするための公共の財産です。下水道に接続されたからといって、何でも流していいというわけではありません。下水道の施設は大部分が地下にあるため、詰まったときの修理は大変です。また、処理場で水をきれいにする主役は微生物(生き物)です。有害な物が流れ込むと微生物に悪影響をあたえ、水をきれいにすることができなくなってしまいます。

トイレで

トイレットペーパー以外は流さないでください。

トイレットペーパー以外の紙類や、タバコやオムツなどは水に溶けません。流すと詰まりの原因となります。

また、ビニール類や布類も流さないでください。処理場までの間にはポンプ場などがあり、ポンプの故障の原因となります。

キッチンで

油や生ゴミを流さないでください。

油を流すと、人の動脈硬化と同じように下水道管の内側に塊となって張り付き、詰まりの原因となります。また、処理場でも大きな負荷となってしまいます。お皿やフライパンについた油も、ふき取ってから洗いましょう。

油にまぜると洗剤になって、そのまま排水口へ流せて排水管まできれいにしてしまうという油処理剤がありますが、これは洗剤に変わっているわけではなく、ただ油と水が混ざって乳化しているだけです。流した後、また油と水が分離してしまうため、結局油をそのまま流したことと同じになってしまうため、決して使わないでください。

生ゴミ等も詰まりの原因になります。ゴミカゴや流し口に目皿を設置して、ながさないようにしましょう。

ディスポーザも詰まりの原因となったり、処理場に影響があるため、条件にあったものでなければ使用できません。

風呂・洗面・洗濯で

布クズ、髪の毛などはネットなどを用いて流さないようにしましょう。

洗剤は洗剤メーカーの指示する適量を守って使いましょう。大量に使ったからといって汚れ落ちがよくなるわけではなく、かえって水を汚す原因となります。

危険物は流さないで

灯油やガソリン、殺虫剤、農薬などは絶対に流さないでください。下水道管の損傷や微生物に悪影響を与え、処理施設の機能を低下させる原因となります。揮発油などは爆発する危険もあります。

雨水を流さないで

小諸市の下水道は分流式といって雨水は受け入れていませんので、流さないようお願いします。

雨水を流されてしまうと、雨の日に処理場へ流れ込む水の量がいっきに増えてしまい処理ができなくなってしまいます。

また、外水道も雨水が入るため、基本的には下水道へはつなげません。外水道を下水道へつなげる場合は、屋根や囲いをして雨が入らないようにする必要があります。

ルールを守って正しく使いましょう。

この記事に関するお問い合わせ先
建設水道部 下水道課

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-23-8857
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年11月05日