小諸市高地トレーニングエリア紹介について

 小諸市高地トレーニングエリアは、浅間山周辺に広がる標高2000メートルを中心とするフィールドです。

 アスリートの効果的なトレーニングに最適な環境を提供するこのエリアの4つのポイントと、トレーニングコースの紹介をします。

 合宿等のご相談も承っておりますので、教育委員会スポーツ課(0267-22-1700)までお電話ください。

小諸市高地トレーニングエリアのポイント

ポイント1 恵まれた気候

 高い晴天率と冷涼な夏の気温が特徴です。

 小諸市では年間の晴天率が60%を超える年も多く、雨天率は平均して8%程度と日本でも有数の天気に恵まれた地域です。

 8月の平均気温は市街地でも都市部と比べて4.5℃低く、標高の高いトレーニングエリアではより快適な環境でトレーニングや合宿を行うことができます。

ポイント2 アクセスの良さ

 上信越自動車道や北陸新幹線などにより交通の便も良く、首都圏から2時間ほどで訪れること ができます。標高2000メートル地点のエリアは市街地から車で30分ほどの距離にあります。

ポイント3 安心の医療体制

 浅間南麓こもろ医療センターまでは2000メートルエリアからでも車で約30分、佐久医療センターまではドクターヘリで搬送ができ、約5分でアクセスできます。

 また、浅間南麓こもろ医療センターを拠点に活動している一般財団法人浅間山麓スポーツ医学研究所では、医学の総合的見地からアスリートをサポートします。

ポイント4 天然温泉

 小諸には8つの源泉からなる温泉が湧き出ています。トレーニング後の疲労回復にも期待ができます。

小諸市高地トレーニングコースガイド

2000メートル林道

 国内では希少な標高2000メートルのコースになります。

 標高2000メートルレベルの未舗装の道路が4キロメートル以上続く、高地トレーニングに理想的なコースです。

 コース周辺は高山植物の宝庫で、さわやかな空気や景観も魅力です。           

さわやかな景観の2000メートル林道の写真

1000メートル林道

 ほぼ平坦な、長さ14キロメートルのロングコースで「リビングハイ・トレーニングロー」の効果が得られる準高地 として最適なコースです。

 涼しい木陰や、農地や市街地を見渡す素晴らしい眺望を楽しみながら、長時間のトレーニングが 可能です。

農地を見渡せる1000メートル林道の景観写真

浅間登山口林道

 標高1200メートル付近から浅間山に向かって高低差約200メートルを緩やかに登る未舗装のコースです。

 豊富な森林の中を木漏れ日や木の香りを感じながら走ることが出来る好ルートです。             

浅間登山口林道の写真

チェリーパークライン

 平均斜度8.8%で標高2000メートルまで10キロメートル以上にわたり急坂が続く舗装道路です。

 標高差940メートルの圧倒的なヒルクライムは、負荷をかけたトレーニングの最適なコースです。

チェリーパークラインの舗装道路の写真
小諸市高地トレーニングガイドマップ

 小諸市高地トレーニングガイドマップはこちらから

関連リンク

地図

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 スポーツ課

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-23-8857
お問い合わせはこちらから