ひだまりサロンの記録

 ひだまりサロンは≪さまざまな文化との出会い≫をコンセプトに、地域で活動をしている方々が発信できる場として小諸図書館の「ひだまりのひろば」で活動の内容を披露していただいています。朗読や演奏など色々な活動を紹介することで、人と本・人と人・人と文化が出会い・つなぐ場を出演者と図書館が共に作り上げています。

今後の予定はイベント情報のページ、各月のイベント情報をご覧ください。

過去のひだまりサロンの様子はひだまりサロンのバックナンバーのページをご覧ください。

ハーモニカコンサート

大島 恒さん

プログラム

  1. 恋してるんだもん
  2. ラ・ノビア
  3. わたしの城下町
  4. 竹田の子守唄
  5. 兄弟船
  6. 黒猫のタンゴ
  7. 長崎の鐘
  8. アンコール曲 影を慕いて

当日の様子

ハーモニカの演奏が始まると、窓際の席で勉強をしていた人たちが一斉に振り向き、演奏に聞き入っていました。印象に残ったのは、小さい子供たちの真剣に聞いている姿でした。大島さんのハーモニカは、メロディーと伴奏を両方ひとりで演奏されていました。また、複数のハーモニカを一度に吹いている姿は、見事でした。一緒に曲を口ずさんでいる方も見られました。

箏コンサート

ぐるーぷ悠のみなさん

プログラム

  1. いのちの記憶~映画『かぐや姫物語』のテーマ曲~ 作曲:二階堂和美
  2. 赤とんぼ 作曲:山田耕作
  3. 早春賦 作曲:中田章
  4. 竹田の子守唄 民謡

 

当日の様子

静かな箏の音が、図書館中に響き渡ると、館内で過ごしていらした皆さんが、集まってきました。子どもたちが真剣に箏の演奏に見入っている姿が印象的でした。アンコールに答えてくださり、箏の演奏に合わせて「赤とんぼ」を観客が歌い、演奏者との間に暖かい空気が流れました。また、演奏後に興味のある方が、箏に触れる時間も作っていただきました。

フルート伴奏による独唱

コマドリ会のみなさん

プログラム

  1. 小諸なる古城のほとり 島崎藤村/作詞 弘田龍太郎/作曲 多田禮子さん/歌
  2. 小諸なる古城のほとり 島崎藤村/作詞 作曲者不明 神津勇さん/歌
  3. 夕陽がおちて 西尾尚子/作詞 三枝成/作曲 三宅一徳/編曲 小林慶子さん/歌
  4. 夕方のお母さん サトウハチロー/作詞 中田喜直/作曲 福島英雄さん/歌
  5. モーツァルトコンツェルト第2楽章より 神津勇さん/フルート独奏
  6. 花かげ 大村主計/作詞 豊田義一/作曲 井出重夫さん、福島英雄さん/歌
  7. 惜別の歌 島崎藤村/作詞 藤江英輔/作曲 伊藤美智子/歌
  8. しおさいの歌 小椋圭/作詞、作曲 井出重夫さん/歌
  9. 紅葉 高野辰之/作詞 岡野貞一/作曲 皆様と
  10. ふるさと 高野辰之/作詞 岡野貞一/作曲 皆様と

 

当日の様子

コマドリ会の皆さんは、月に1回会合を持たれていて、皆さん独唱をされるそうです。皆さん堂々と独唱されていました。柔らかいフルートの演奏に乗せての歌声は、心を打ちます。来館されていた方が、足を止めて聴いていました。全体での合唱には、声を合わせて歌う方も見られました。

上映会 ダイジェスト版「がんと生きる 言葉の処方箋」

がん哲学外来映画製作委員会/日本メディカルヴィレッジ学会

当日の様子

映画ダイジェスト版の上映会という初の試みでしたが、興味を持って、いらしていた方がいました。映画の内容は心が温まるような内容でした。「マイナス1×マイナス1はプラス1になるんだよ」という言葉の処方箋を受け取った方のお話には、うなづいていられる方がいました。本の紹介に、映画に出演されていた樋野興夫医師著作の本を用意しましたが、早速借りていかれる方がいました。

演武 新陰流剣術

出演:新陰流の皆さん

当日の様子

ひだまりサロンでは初の演目でした。新陰流の剣術の型を披露いただきました。剣(練習用)の交わる音に、来館者の皆さんがひだまりのひろばに集まりました。徐々に上級の技の披露となり、動きの速さや、しなやかな足運びなどには、皆さん、目が釘付けとなっていました。新陰流の剣術は、女性の方が覚えが早いのですよとの説明があり、興味を持たれた方もいらっしゃいました。新陰流の剣術の型を伝えていく事は、日本の文化を伝えていく事ですと、会員を募集しているそうです。

朗読会 甲田健右脚本 「おじいさんとかもめ」

出演 朗読 倉石忠子さん/ヴァイオリン 高橋博子さん

20190915朗読会倉石さん
20190915朗読会倉石さん3

当日の様子

高橋さんの優しい音色のヴァイオリンの演奏に続き、倉石さんの朗読が静かに始まり、小さいお子さんたちも聞き入っていました。甲田健右さん脚本のお話は、おじいさんとカモメの温かい心のおしゃべりで成り立っていました。朗読に、おじいさんとカモメの向き合っている姿が、浮かびました。勉強をしていた学生たちの中にも、耳を傾けて聴いている方がいました。

ピアノ・ヴァイオリンミニコンサート 令和元年8月24日(土曜)

出演 パロミータ・ブランカの皆さん

ひだまりサロン8月24日の様子
ひだまりサロン8月24日で紹介した本の画像

プログラム

『愛と平和を感じるひととき』

  1. Ariosto (from Cantata156)/ J.S. Bach
  2. Vocalise / S. Rachmaninoff
  3. 絵本『まちんと』松谷みよ子(挿入歌:死んだ男の残したものは / 武満 徹 作曲、谷川俊太郎 作詞)
  4. ひこうき雲 / 荒井由実
  5. イマジン/ ジョン レノン

当日の様子

パロミータ・ブランカの皆さん(谷村芽美さん、桜木クララさん)による「愛と平和を感じるひととき」と題してヴァイオリンとピアノのミニコンサートを行いました。

ストーリー性のあるプログラムは、お二人のしっとりとした音色を通して私たちに愛と平和について感じる時間をくれました。

アルプホルンミニコンサート 令和元年8月10日(土曜)

出演 ALPHORN-ECHO-SAKUの皆さん

8月10日のアルプホルンミニコンサートの様子
アルプホルンミニコンサートで紹介した本

プログラム

  1. Choral fur Rainach 2016
  2. Uf de Banklialp
  3. Harmonie der Freiheit
  4. Charol fur Luzern
  5. Bi de Rinder
  6. Ave Maria 2018

当日の様子

8月11日が山の日ということで山の音楽アルプホルンのミニコンサートを開催しました。手作りだというアルプホルンは和音が美しく、館内を包み込むハーモニーに暫し身を委ねたくなりました。

普段聞く機会の無い楽器ですが、会の最後に体験コーナーを設けていただき多くの方に親しんでいただきました。

GOKUさん宮沢賢治を読む 令和元年8月9日(金曜)

出演者 GOKUさん

8月9日のひだまりサロン「GOKUさん宮沢賢治を読む」の様子
8月9日のひだまりサロン夜の部の写真
ひだまりサロンで紹介した本

プログラム

●昼の部

  1. 『宮澤賢治のことば』(宮澤賢治/著、澤村修治/編・著)
  2. 『とらのことら』(きくちちき/作・絵)
  3. 中原中也「夏は青い空に」
  4. 自作「ヒグラシは二度鳴く」
  5. 宮沢賢治「告別」
  6. 自作「夏休みには土砂ぶる蝉」

●夜の部

  1. 宮沢賢治「雨ニモマケズ」
  2. 宮沢賢治「告別」
  3. 『あいうえおだよ』(長田弘/作、あべ弘士/絵)
  4. 自作「銀河鉄道の朝」

サロンの様子

昼の部は小さなお子さんが来てくれたこともあり、楽しい朗読を多く読んでいただきました。言葉の響きやリズムを肌で感じることのできる時間となりました。

夜の部はロールスクリーンを開け、夕焼けをバックにしっとりとした会になりました。昼間とは雰囲気をガラリと変えたパフォーマンスに魅了され、あっという間の30分でした。

ウクレレミニコンサート 令和元年7月27日(土曜)

出演者 若木一寿さん

ひだまりサロンの様子
ひだまりサンロン ウクレレミニコンサート関連本の写真

プログラム

  1. 夏の思い出 (江間章子 作詞/中田喜直 作曲)
  2. ボサノバ およげたいやきくん (高田ひろお 作詞/佐瀬寿一 作曲)
  3. 千の風になって (武井満 作詞/作曲)
  4. 女ひとり (永六輔 作詞/いずみたく 作曲)
  5. 島唄 (宮沢和史 作詞/作曲)
  6. コーヒー・ルンバ (Moliendo café 作曲)
  7. 365日の紙飛行機 (秋元康 作詞/角野寿和 青葉紘希 作曲/清水哲平 編曲)
  8. 【アンコール】見上げてごらん夜の星を

サロンの様子

若木さんには昨年も7月にウクレレのミニコンサートをしていただきました。今年は大人向けのプログラムでお洒落でウクレレの意外な一面が垣間見れたミニコンサートとなりました。

ボサノバ風やジャズ風などアレンジも多く、聞いていて楽しい会となりました。

踊って元気 楽しい踊り 令和元年7月20日(土曜)

出演者 小諸小唄「歌舞の会」の皆さん

7月20日ひだまりサロンの様子
ひだまりサロンで紹介した本

プログラム

  1. みんなで踊る「小諸小唄 ~令和の舞~」 曲 オカ・ケン
  2. 「小諸の思い出」 作詞 横手貞夫/作曲 小林亜星

サロンの様子

小諸小唄の歌に合わせて手足を伸ばしたり回したり、会の皆さんと一緒に楽しみました。合間には岡田さんの楽しいトークもあり、あっという間の30分間でした。

最後は「小諸の思い出」を当時に思いを馳せながら歌いました。この曲ができた当時の背景を伺って世代を超えて大切にしたいと思いました。

ピアノ・オカリナ・ウクレレ ミニコンサート 令和元年6月15日(土曜)

出演者 美馬佳世さん・宮崎萌さん

ひだまりサロンの様子
ひだまりサロン おすすめ本

プログラム

  1. いつもなんどでも
  2. 幸せの秘密~ダンディ・ロング・レッグズより~
  3. Komoro no saka
  4. 小さな空(武満徹/作詞・作曲)
  5. カントリーロード
  6. となりのトトロ
  7. (アンコール)さんぽ

サロンの様子

オカリナのやさしい音で誘われるように始まったミニコンサート。美馬さんと宮崎さんの出会いや曲のエピソードを交えたトークもありながらゆったりとした時間が流れていたように感じます。馴染みの深いジブリの曲は観客と一緒に歌ったり手拍子をしたりと小さいお子さんも楽しめるミニコンサートとなりました。

朗読会 令和元年5月18日(土曜)

出演者 朗読「わ」の会の皆さん

20190518ひだまり
20190518ひだまりbook

プログラム

  1. 月窓寺の阿弥陀さま
  2. 耳取の話
  3. 身代わり地蔵

サロンの様子

朗読「わ」の会の皆さんんは普段から図書館んボランティアをされている方々です。朗読「わ」の会の皆さんが、朗読の勉強をする中で、「むかしの話 小諸の民話」を出版された 小林さん・田中さんにお話を聞き、感銘を受け、市民の皆さんに小林さん・田中さんたちのことを知ってほしいと活動されました。物語の舞台となった場所の写真を紹介されました。ひだまりサロンには、田中さんも来て下さり、お話を聞くことができました。

朗読会 平成31年4月21日(日曜)

出演者 ひよのいっぽの皆さん

ひだまりサロン2019年4月21日朗読会の様子
ひだまりサロン2019年4月21日紹介した本

プログラム

  1. 向田邦子著 「字のないはがき」
  2. 森下典子著 「日日是好日」より

サロンの様子

ひよこのいっぽは御代田で朗読を専門に活動されているグループです。今回のひだまりサロンではふたつの「父」と「娘」の話を読んでいただきました。館内を包む朗読は特別な時間となりました。

 

三線ミニコンサート 平成31年4月20日(土曜)

出演者 りんどうさん

ひだまりサロン2019年4月20日三線ミニコンサートの様子
ひだまりサロン2019年4月20日紹介した本

プログラム

  1. てぃんさぐぬ花
  2. 島人ぬ宝
  3. ふるさと
  4. 手遊び
  5. 涙そうそう
  6. 安里屋ユンタ
  7. 芭蕉布

サロンの様子

 普段なかなか聞くことのない三線はニシキヘビの皮をつかっていというクイズから始まり、歌あり手遊びありの盛りだくさんの30分でした。三線のゆったりとした音色に素敵な歌声……心安らぐ時間となりました。

目からうろこ!!野菜づくりのコツと裏ワザ 平成31年4月13日(土曜)

出演者 農山漁村文化協会さん

ひだまりサロン2019年4月13日ルーラル電子図書館講習会の様子

プログラム

第3回ルーラル電子図書館講習会

目からうろこ!! 野菜づくりのコツと裏ワザ

サロンの様子

あっと驚く野菜づくりの裏ワザやコツについてルーラル電子図書館を使いながら講習していただきました。すぐに使いたくなるものばかりでした。終了後は実際に図書館のタブレットでルーラル電子図書館を触っていただき、今後の野菜づくりや園芸について調べていかれました。

朗読会 平成31年3月17日(日曜)

出演者 花水木の会のみなさん

ひだまりサロン2019年3月17日花水木の会のみなさん
ひだまりサロン2019年3月17日紹介本

プログラム

菊池寛著 『入れ札』

サロンの様子

花水木の会のみなさんは朗読が好きで普段はそれぞれ活動されていますが、時たま集まって市民交流センターにて学ばれています。

今回のひだまりサロンでは菊池寛の『入れ札』を読んでいただきました。おひとりずつ順番に朗読される新鮮さと、圧巻の読みにあっという間に惹きこました。

小諸高校アンサンブルコンサート 平成31年2月2日(土曜)

小諸高校のみなさんがアンサンブルコンサートを行っている写真
棚に掛けかけてある紹介本の写真

出演者 小諸高校のみなさん

プログラム

  1. アイネ・クライネ・ナハトムジーク第1楽章 モーツァルト/作曲   <ヴァイオリン&ピアノ演奏>
  2. トリオ・ソナタ J.S.BACH/作曲   <木管三重奏 フルート2名&コントラバス演奏>
  3. ソナタヘ長調 J.F.ファッシュ/作曲   <木管五重奏 オーボエ2名&ファゴット2名&コントラバス演奏>
  4. 夏山の一日より 3.・4. E.ボサ/作曲     <フルート四重奏演奏> 
  5. アンコール ハバネラ G.ビゼー/作曲 <ヴァイオリン&ピアノ演奏>

サロンの様子

小諸高校の皆さんには、定期的にひだまりサロンで演奏して頂いています。

今回は、小諸高校音楽科と吹奏楽部の1年生7名、2年生6名による演奏でした。小諸高校によるひだまりサロンでの演奏は、今年度、今回が最後でした。60名のお客様が演奏を聴いて下さいました。今回が初めてという方も、素敵な演奏に聞き入っていました。毎回、小諸高校の演奏を楽しみに来てくださっている方は、来年度も聴きに来たいと話していました。

音楽と私と図書館とvol.4 平成31年1月19日(土曜)

~クライスラーとラフマニノフの音楽~

出演者の吉原さんと谷村さんの写真
棚に掛けかけてある紹介本の写真

出演者 吉原 明子さん 谷村 芽美さん

プログラム

  1. ロンディーノ クライスラー
  2. 美しきロズマリン クライスラー
  3. 愛の悲しみ クライスラー+ラフマニノフ編(一部)
  4. 祈り ラフマニノフ
  5. シンコペーション クライスラー
  6. アンコール曲 ロンドンデリー クライスラー

サロンの様子

3年前より軽井沢を活動拠点にされている、吉原 明子さんのピアノ演奏と、谷村 芽美さんのヴァイオリン演奏によるコンサートでした。ひだまりサロンの開始時間前から、お客様が集まっており、演奏が始まると、館内のお客様も足を止め、演奏に聞き入っていました。谷村さんにとってはシリーズ「音楽と私と図書館と」の集大成、演奏にも、曲の紹介にも心のこもった時間となりました。アンコールにも応えて頂き、聞きなじみのある曲でしたので、口ずさんでいる方、涙ぐむ方もいました。

「煙草と健康」講演会 平成30年12月14日(金曜)

浅間南麓こもろ医療センター・小諸市健康づくり課、高齢福祉課・図書館コラボ企画

丸山医師の講演会の写真
棚に掛けかけてある紹介本の写真

出演者 浅間南麓こもろ医療センター臨床画像センター長・放射線科部長 丸山 雄一郎医師

内容 煙草が体に与える影響、煙草の中に含まれる成分、受動喫煙、喫煙による肺の変化等

サロンの様子

ひだまりサロンのお知らせを見て早くから来館くださった方他、皆さん熱心に講演を聞いていました。

講演後の質問の時間には、多くの手が上がり、丸山先生が丁寧に、わかりやすく答えてくださっていました。「煙草の煙のにおいが残っているということは、そこに、煙草の煙の成分であるPM2.5が多く含まれている」という内容は印象に残りました。また、喫煙により変化した肺の写真は衝撃的でした。

小諸高校音楽科アンサンブルコンサート 平成30年12月8日(土曜)

小諸高校音楽科の方々のアンサンブルコンサートの写真
棚に掛けかけてある紹介本の写真

出演者 小諸高校音楽科

プログラム

  1. Libertango   A.Piazzolla/作曲    <フルート&サックス&ピアノ演奏>
  2. Trio Rhapsody    新山久志/作曲   <トロンボーン&ユーフォニウム&チューバ演奏>
  3. スタジオジブリメドレー 久石譲・他/作曲 < 合唱&ピアノ演奏>
  4. Eternal Story 山下康介/作曲 <トロンボーン&サックス&ピアノ演奏> 
  5. Horn Trio  Op.40  Mov. ll J.Brahms/作曲 < ホルン&ヴァイオリン&ピアノ演奏>

サロンの様子

小諸高校音楽科の皆さんには、定期的にひだまりサロンで演奏して頂いています。

今回は、12月10日からオーストリアのウイーンへ音楽研修に行かれる皆さんによるミニコンサートで、金管楽器のアンサンブルと合唱などをご披露頂きました。

小諸高校音楽科の皆さんの演奏を楽しみにしていらっしゃる図書館利用者も多く、たくさんの方が演奏に聞き入っていました。

今年8月に小諸市に研修に来られた、ムジークギムナジウム高校の皆さんとの交流等、ウイーンでの研修が有意義なものとなり、さらに力をつけてこられることをお祈りしています。

音楽と私と図書館とvol.3 平成30年11月17日(土曜)

~本の言葉から生まれた音楽~

出演者の深瀬さんと谷村さんの演奏写真
棚に掛けかけてある紹介本の写真

出演者 深瀬 人寛さん 谷村 芽美さん

プログラム

  1. 風に立つ&Resfeber
  2. りんごのうた
  3. 手紙
  4. 上を向いて歩こう
  5. キミガスキー

サロンの様子

上田市出身、長野に暮らし、その自然や住む人々の「息づかい」を音に織り込むシンガーソングライター・作曲家の深瀬 人寛さんの歌とキーボードに、谷村 芽美さんのヴァイオリンの音色が重なり合う音楽は、この日のひだまりのひろばにやさしく差し込む日の光と混ざり合い、温かい時が流れました。来館中のお客様の中にはふと足を止めたり、ペンの手を止めて振り返ったりして、聞き入っている方がいらっしゃいました。自然の様子が目に浮かぶような演奏でした。

大人のためのブックトーク 平成30年11月4日(土曜)

~おススメの本を3分でご紹介!本を読むってやっぱり楽しい~

おススメの本を紹介している写真
棚に掛けかけてある紹介本の写真

出演者 JPICしなのの皆さん

ブックトーク(本の紹介)

  1. 北原 まりさん(第15期読書アドバイザー・安曇野市立図書館司書)
    『ヨーコさんの”言葉”わけがわからん』佐野 洋子/文 北村 裕花/絵 講談社
    『未来の年表 2』河合 雅司/著 講談社
  2. 川舩 美保さん(第19期読書アドバイザー・松本市立二子小学校図書館司書)
    『みさき食堂へようこそ』香坂 直/著 講談社
  3. 井出 明子さん(第22期読書アドバイザー・市立小諸図書館勤務)
    『緑の庭で寝ころんで』宮下 奈都/著 実業之日本社
  4. 大池 和美さん(第20期読書アドバイザー・市立小諸図書館勤務』
    『小さな家のローラ』ローラ・インガルス・ワイルダー/作 安野 光雅/絵 朝日出版社
  5. 矢崎 恵美子さん(第11期読書アドバイザー・諏訪市立図書館副館長)
    (千葉 茂樹翻訳の絵本)
    『ふしぎなガーデン 知りたがりやの少年と庭』ピーター・ブラウン/著 ブロンズ新社
    『こんな家に住んでたら』ジャイルズ・ラロッシュ/著 偕成社
  6. 越高店長(第1期読書アドバイザー・松本の児童書専門店「ちいさいおうち」)
    (東北の夏)をテーマに3冊
    『送り火』高橋 弘希/著 文芸春秋
    『おらおらでひとりいぐも』若竹 千佐子/著 河出書房新社
    『銀河鉄道の父』門井 慶喜/著 講談社

サロンの様子

JPICしなのは、長野県内で活動している「読書アドバイザー」の会員の皆さまです。会員それぞれのお立場から読書推進活動を日々実践されています。

サロンでは、それぞれが、本の内容を気持ちを込めて、又、趣向を凝らして発表くださいました。どの本も、ついつい手に取って読んでみたくなりました。

来館者も、立ち止まって話を聞いていたり、本の紹介のチラシをお持ちくださっていました。ひだまりサロンの本の紹介コーナーに紹介本のチラシを置きますのでどうぞ、お持ちください。

オカリナ ピアノミニコンサート 平成30年10月20日(土曜)

出演者の 美馬さんの演奏している写真
棚に掛けかけてある紹介本の写真

出演者 美馬 佳代さん

プログラム

  1. アラベスク
  2. Komoro no saka(オリジナル曲)
  3. もみじ
  4. ふるさと
  5. となりのトトロ
  6. カントリーロード
  7. さんぽ

サロンの様子

今年4月に小諸に転居されてきた美馬 佳代さん。部活の吹奏楽でクラリネットを始めたことが音楽との出会い。その後、音楽の仕事に携わり、弘前桜の園作曲コンクールに入選されるなど、音楽と深く関わる生活をされてきたそうです。

オリジナル曲Komoro no sakaでは、坂の多い小諸の街を表した、澄み切った空を思い起こさせる曲をご披露くださいました。

お子さん連れのお客様が多く、ともに口ずさんでくださり、また、きれいに合唱してくださるお客様もいて、ピアノ、オカリナの曲が館内に優しく流れました。

朗読会 藤沢周平著「驟り雨」 平成30年9月9日(日曜)

朗読会の様子の写真
棚に掛けかけてある紹介本の写真

出演者 中村 俊司さん

サロンの様子

中村 俊司さんによる朗読会は、ひだまりサロンでは3回目となりました。

中村さんの自己紹介を経て、朗読の第一声が発せられると、聞いている皆さまが、一斉に姿勢を正しました。良く通る声に自然と話の中に引き込まれて、雨の降る中での出来事がまるで目の前に展開されているかのように、感じられました。中村さんの朗読が進むにつれ、お客様も増え、客席に座っていない方も手を止め、目を上げ、朗読に聞き入っていました。

音楽と私と図書館とvol.2 平成30年8月25日(土曜)

出演者の方々がヴァイオリン、ピアノ、歌の演奏をしている写真
ヴァイオリン、ピアノ、歌の演奏に乗せて、吉池さんによる絵本の朗読している写真

出演者:バロミータ・ブランカ&吉池美代子さん

プログラム

朗読 あまんきみこ作 「鳥よめ」

挿入歌

You were there/村松 崇継

.亜麻色の髪の乙女/クロード・ドビュッシー
.甘い思い出/フェリックス・メンデルスゾーン
アダジエット/グフタフ・マーラー

アメイジング・グレイス/アメリカ民謡

サロンの様子

谷村 芽生さんのプロデュースによる【音楽と私と図書館と 】の2回位目です。

今回はパロミータ・ブランカの皆さんによるヴァイオリン、ピアノ、歌の演奏に乗せて、吉池 孝子さんによる絵本の朗読をしていただきました。

朗読のお話の内容に合わせて、絶妙のタイミングで演奏が入り、観客の皆さんの息をのむ音が聞こえてくるようなコンサートでした。朗読の声と演奏が、図書館の隅々にまで広がり、本を読む目を上げている方、勉強中のペンの止まる方が、多く見られました。クライマックスのシーンでは、涙を流されている方もいました。

ハッピー・ウクレレ 平成30年7月15日(日曜)

ウクレレ演奏をしている写真
棚に掛けかけてある紹介本の写真

出演者:若木 一寿さん

プログラム

  1. 星に願いを
  2. さんぽ
  3. 大きな古時計
  4. ミッキーマウスマーチ
  5. TSUNAMI
  6. ブルーハワイ
  7. フライミートゥザムーン

サロンの様子

今回出演の若木さんは、毎年7~10月は小諸または軽井沢に滞在しているそうです。

普段は、ボランディアでデイサービスなどで演奏され、小諸の応援団でもある若木さんは今回 図書館を盛り上げようと応募してくださいました。

サロンでは、小さなお子様がウクレレに合わせて、声を出していたり、ウクレレを始めた方が演奏後に熱心にお話を聞いていたりしていました。

小諸高校音楽科 平成30年7月14日(土曜)

小諸高校音楽科の方々が合唱をしている写真
小諸高校音楽科の方々が演奏をしている写真

出演者:小諸高校音楽科

プログラム

合唱

  1. ポジティヴ太郎~いつでも始まり~
  2. 無伴奏女声合唱のための「星翠譜」より1.オリオンは西に移りて …4.南天の蠍よもしなれ‥

弦楽奏

  1. ホールニューワールド
  2. いつも何度でも
  3. リトル・マーメイド

サロンの様子

26名の皆さんによる合唱で始まりました。合唱が始まると、図書館内の皆さまが一斉に注目して、聞き惚れていました。合間に図書館職員による本の紹介(ブックトーク)が入り、続いて、14名の皆さんによる弦楽奏。弦楽の深い音色は、図書館の雰囲気にとても合っていると感想も聞かれました。

小諸高校音楽科の皆さんは、7月16日NHK合唱コンクール、8月全国高等学校総合文化祭、8月4日ウイーンのムジークギムナジウム高校との交流演奏会等でも演奏されていて、多くの皆さんに感動を与えています。

小諸図書館トップページ

この記事に関するお問い合わせ先

市立小諸図書館

〒384-0025
長野県小諸市相生町3丁目3番3号 こもろプラザ内1階
電話:0267-22-1019 ファックス:0267-22-1165


お問い合わせはこちらから

更新日:2019年11月19日