18歳で大人に!若者の消費者トラブル

2022年4月から、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。

成人すると、なにが変るのでしょうか?

変ることの一つとして、「親の同意を得なくても、自分の意思で様々な契約ができるようになる」ことが挙げられます。

契約は口約束でも成立し、法的な責任が伴います。皆さんが何気なく利用しているネット通販や、旅館への宿泊、映画館での映画の鑑賞も立派な契約です。

知識がないまま、安易に契約を結ぶとトラブルに巻き込まれる可能性があります。

トラブルに巻き込まれないためにも、これから結ぶ契約でなにが得られるのか、どのような義務が発生するのか、リスクはないのか(リスクがあっても納得できるものなのか)、などよく考え、自分が納得したうえで契約をしましょう。

注意喚起!―若者に多い消費者トラブル―

関連リンク
この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 市民課 市民協働・相談係

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-22-8900
お問い合わせはこちらから

更新日:2022年03月04日