【農業】台風12号接近に伴う技術対策について

気象庁によると、台風第12号は23日12時には、日本の南にあって1時間におよそ20キロの速さで北東へ進んでいます。中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径85キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。

台風は今後、日本の南を北上し、次第に進路を東よりに変えて、24日から25日にかけて東日本から東北地方に接近するおそれがあります。

台風や前線の影響で、東日本から東北地方の太平洋側を中心に25日にかけて、大気の状態が非常に不安定となるため、雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる所があり、24日6時までの24時間に予想される雨量は関東甲信地方の多い所で150ミリ、その後、25日6時までの24時間に予想される雨量は多い所で200から300ミリの見込みです。

土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意し、竜巻などの激しい突風や落雷に注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。また、降ひょうのおそれもありますので、農作物や農業施設の管理にも注意してください。

引き続き、最新の気象情報に十分留意するとともに、別紙「台風第12号の接近に伴う技術対策について」により、対策を行ってください。

この記事に関するお問い合わせ先
産業振興部 農林課 農業ブランド振興係

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-24-3570
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年09月23日