【農業】暖冬の影響に対する今後の農作物の栽培管理について(第2報)

長野県農業技術課よりお知らせがありました。

この冬は、気温が高温傾向で、気象庁発表の1か月予報(2月13日)及び早期天候情報(2月17日)によると、今後も気温が平年よりかなり高く推移する見込みであり、農作物の生育が早まることが予想されます。

このため、農作物の軟弱徒長や病害虫の発生などに加え、寒気の一時的な南下による凍霜害の発生等が懸念されるところです。

つきましては、別紙の技術対策により、適切な栽培管理が行われるよう対応をお願いいたします。

暖冬の影響に対する今後の農作物の栽培管理について(第2報)(PDF:234.8KB)

更新日:2020年02月19日