【農業】日照不足と低温に対する農作物の栽培管理について

県内では6月28日頃から日照時間が少ない状態が続いています。また、7月4日発表の関東甲信地方1か月予報によると、期間の前半は平年に比べ曇りや雨の日が多く、平均気温が低い確率が60%と予想されており、農作物への影響が心配されます。

つきましては、別紙「日照不足と低温に対する農作物の栽培管理について」をご参照いただき、対応をお願いいたします。

日照不足と低温に対する農作物の栽培管理について(PDF:226.4KB)

(参考)気象データ(気象庁ホームページより)

地点

6月28日~7月7日までの10日間

日照時間

(h)

平年比

(%)

平均気温(℃)

平年差

(℃)

降水量

(mm)

平年比

(%)

佐 久

16.1

37

20.9

+0.1

61.5

108

野 辺 山

10.9

29

17.4

+0.4

87.5

109

上 田

23.7

50

22.0

0.0

79.0

154

諏 訪

13.4

29

21.6

+0.4

73.5

93

伊 那

13.6

31

22.1

+0.7

117.5

130

飯 田

12.4

28

22.7

+0.2

119.5

131

木曽福島

14.4

36

21.3

+0.9

134.5

124

松 本

20.7

43

22.9

+0.9

63.0

112

大 町

17.5

44

20.6

+0.9

102.0

123

長 野

17.8

38

22.7

+0.6

98.5

183

飯 山

19.8

48

22.6

+1.0

110.0

200

 

更新日:2019年10月30日