農作業安全運動について

 県下では、1年間に20件近くの農作業中の死亡事故が発生しています。

 事故は、トラクターや耕うん機などの横転・転落によるものが非常に多く、特に疲れが出始める昼前や夕方に多く発生します。

 機械の動力部に手袋や作業着の袖口を巻き込まれる等により、負傷する事故も発生しています。

 農業機械を使うときは、始業点検や周囲の安全確認をしっかり行い、作業に余裕を持って、安全な運転操作を心がけましょう。また、点検や異物を除去する際は、必ずエンジンを停止させましょう。

 また、畑の刈り取った下草などを焼いた火が衣服に燃え移り、火傷をする事故も発生しています。

 一人での作業は避け、作業中は家族や仲間と定期的に連絡を取り合い、休憩を十分に取り、みんなで農作業安全に取り組みましょう。

この記事に関するお問い合わせ先
産業振興部 農林課 農業ブランド振興係

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-24-3570
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年03月28日