【農業】暴風雪と大雪に係る農作物等の被害防止対策について

佐久農業農村支援センターより、この先数日間の気象についての注意喚起がなされています。

気象庁の発表によりますと、7日から8日にかけて北日本と東日本から西日本の日本海側を中心に非常に強い風が吹き、大荒れや猛ふぶきとなるおそれがあります。雪に関しては、7日から8日にかけて、北日本から西日本の日本海側では平地も含めて、太平洋側では山地を中心に大雪となるところがあり、太平洋側の平地でも積雪するおそれがあり、日本海側の地方では9日頃にかけて大雪が続く見込みとのことです。

つきましては、引き続き最新の気象情報に十分留意するとともに、別紙「雪害及び凍害に伴う農作物等の被害防止対策について」を参考に、適切な対応をお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先
産業振興部 農林課 農業ブランド振興係

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-24-3570
お問い合わせはこちらから

更新日:2021年01月08日