企画展web展示室のご案内 【小諸高原美術館・白鳥映雪館】

小諸高原美術館・白鳥映雪館より、「まなびのまちRECOLLECTIONS vol.1」の展示作品をご紹介いたします。

作品画像下のリンクをクリックしてください。大きな画像でご覧いただけます。

まなびのまちRECOLLECTIONS vo.1 会場

【田中良則】 油彩画 展示作品

田中良則 【緑陰の池】

《緑陰》 F100号 油彩、キャンバス

取材場所は真楽寺の大沼池。水面のきらびやかな光の反射模様と、遠景の緑が美しく調和された作品です。モネの《蓮》の絵画を連想させます。
 

田中良則 《春の日の断崖》

《春の日の断崖》 F60号 油彩、キャンバス

田中良則氏は、教員生活ののち、示現会に出品し、断崖を主題にした作品を数多く制作しました。
勢いのある力強い筆致により、岩山の存在感がせまってきます。

田中良則《冬の浅間山》

《早春の浅間山》 F30号 油彩、キャンバス

小諸から見た浅間山。秋・金色の前景を前に悠然と噴煙を上げています。

田中良則《早春の発電所》

《早春の発電所》 F60号 油彩、キャンバス

千曲川沿いの発電所が奥に見えます。左右には、桜の木が描かれており、冬景色から、春のおとずれを予感させます。

 

【矢嶋正一】 油彩画 展示作品

矢嶋正一  《天竜河畔》

《天竜河畔》 F30号 油彩、キャンバス

伊那市転任中に描かれた天竜川風景。石垣や河原の描写には、暖色・寒色の色が適確に配色されており、南信の夏の温かさや、空気感が感じられます。

yajima2

《西浦ダム緑映》 F30号 油彩、キャンバス

しずかに揺れる湖面と、鮮やかな緑色が対比された爽やかな作品です。縦、横、斜めの筆致を巧みに駆使し、バランスの美しい構図です。

矢嶋正一《犀川秋色》

《犀川秋色》 F30号 油彩、キャンバス

犀川の紅葉を、力強く絵の具を重ねて描いた作品。秋の風景の中に秘められた生命力を感じます。

矢嶋正一《妻科風景》

《妻科風景》 F30号 油彩、キャンバス

手前の道から、奥の住宅まで道が続いており、幾何学的かつ平面を活かした構図となっています。

この記事に関するお問い合わせ先

小諸高原美術館・白鳥映雪館

〒384-0041
長野県小諸市大字菱平2805番地1
電話:0267-26-2070 ファックス:0267-26-2071
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年06月10日