新型コロナウイルス感染症:相談窓口及び受診方法について

発熱等ある際の相談・受診体制(新型コロナウイルス感染症健康相談窓口)について

・ 発熱等がある際は、まず電話でかかりつけ医等身近な医療機関に相談してから受診してください。また、できるだけ医療機関の開いている時間内に、早めにご相談ください。

・ かかりつけ医等をもたない方や、土日祝日や夜間など、相談先に迷った場合は、「受診・相

談センター」(保健所)へ電話でご相談ください。

・ 案内された医療機関に電話をし、医療機関の指示に従って受診してください。

・新型コロナウイルス感染症に関する一般的な健康相談も下記にご連絡ください。

 

「受診・相談センター(保健所)」 佐久保健福祉事務所

連絡先電話番号(24 時間対応): 0267-63-3178

聴覚に障害のある方用(長野県の窓口) ファックス番号: 026-403-0320

 

【以下、受診の際の目安】

・少なくとも以下のいずれに該当する場合には、すぐにご相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です)

☆息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

☆重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合

※高齢者。糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方、妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方との同様に、早めにご相談ください。

☆上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪症状が続く場合

(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

●上の症状に至らない軽微な症状のみでも、以下のいずれかに該当する場合はご相談ください。

☆本感染症が疑われる方と接触した場合

☆ご自身やご家族が2週間以内に県外に滞在歴がある場合

☆嗅覚障害・味覚障害がある場合

☆医療機関、社会福祉施設(高齢者施設や障がい者施設等)に従事している場合

(お子様をお持ちの方へ)

小児については、小児科医による診察が望ましく、かかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

※なお、この目安は、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

 

長野県プレスリリース(発熱等ある際の相談・受診体制について)(PDFファイル:218.9KB)

別添1(イメージ図)(PDFファイル:349.9KB)

 

自費検査について

新型コロナウイルスの検査は、発熱や咳などの症状がある方や、感染者の濃厚接触者(新型コロナウイルスに感染していることが確認された方と近距離で接触、或いは長時間接触し、感染の可能性が相対的に高くなっている方)であれば、保健所や医療機関において、自己負担なしで検査を受けることが可能です(行政検査)。

一方で、例えば、仕事で海外に行く場合や、コンサートなどのイベントへの参加など社会経済活動を行うために希望する方については、無症状であっても、検査費用を自己負担することで検査を受けることができます(自費検査)。

このように、自費検査を希望する方が、検査機関を選択し、検査を受ける際に留意すべき事項を以下にまとめました。検査機関についての十分な情報をもとに、自分にあった検査機関を選ぶようにしましょう。また、検査を受けた後も、感染予防に努める注意が必要であることに留意してください。

自費検査を利用する者が検査機関を選ぶ際に留意すべき事項

・発熱や咳などの症状がある場合は、行政検査の対象となりうるので、まずは身近な医療機関に相談してください。


・検査機関で提供される検査の内容、費用、検査結果の通知に要する日数などの基本的な事項を事前に確認しましょう。特に、自費検査の場合、その費用は原則、自己負担となることに注意が必要です。
 

・医療機関と衛生検査所には、検査の精度を確保するために一定の基準を満たすことが求められています。
 

・検査機関によっては、検査を行い、その結果を通知するのみで、医師の診断を伴わない機関もあります。たとえ検査結果が陰性であっても、医師により感染していないと診断されない限りは、感染していないとはいえません。
 

・医師による診断を伴わない検査で結果が陽性の場合、検査機関に提携医療機関がある場合には、検査を受ける者の同意に基づき、検査機関から医療機関に検査結果(陽性)が報告されます。提携医療機関がない場合には、自分で受診相談センターまたは身近な医療機関に相談しましょう。身近な医療機関を受診する場合、事前に電話で連絡をしてください。相談の結果、医療機関で再度検査が必要になる場合もあります。
 

・医師による診断を伴う検査または提携医療機関等の医師により新型コロナウイルスに感染したと診断された場合には、医師が感染症法に基づく届出を保健所に行うことになります。医師の診断を受けなければ、このような対応につながらないことから、医療機関又は提携医療機関をもつ検査機関で、検査を受けていただくことが望ましいです。
 

・検査には、その性質上、実際には感染しているのに結果が陰性になること(偽陰性)や、感染していないのに結果が陽性になること(偽陽性)があります。
 

・検査結果は検査時点での感染状況に関するものであって、陰性であっても、感染早期のためウィルスが検知されない可能性やその後の感染の可能性があるため、感染予防に努める注意が必要です。

 

自費検査を実施する検査機関一覧

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-jihikensa_00001.html

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部 健康づくり課 保健予防係

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-25-1880 ファックス:0267-26-6544


お問い合わせはこちらから

更新日:2021年02月25日