小諸市文化センター(小諸市文化会館)の利用について※令和2年10月~

10月1日より収容人員制限を条件付で緩和します

10月1日以降のイベント開催について以下の措置を主催者に実施していただくことを条件に収容人員の制限を緩和します。

  1.  消毒の徹底(感染リスクの拡散防止)
  2.  マスク着用の担保(感染リスクの拡散防止)
  3. 参加者及び出演者の制限(感染リスクの拡散防止)
  4. 参加者の把握(感染リスクの拡散防止)
  5. 大声を出さないことの担保(大声の抑止)
  6. 密集の回避(イベントの入退場や休憩時間における三密の抑止
  7. 演者・観客間の接触・飛沫感染リスクの排除
  8. イベント前後の行動管理(交通機関、イベント後の打ち上げ等における三密の抑止)

各条件の詳細についてはこちらをご確認下さい。

イベント開催制限の緩和に伴うリスクを軽減するための措置(PDFファイル:147.1KB)

 

定員の変更について

上記の措置を実施していただいた上でイベントの開催形態に応じて以下のように収容人員制限を実施します。

大声での歓声・声援等がないことを前提としうるもの

例 クラシック音楽コンサート、演劇等、舞踊、伝統芸能、芸能・演芸、公演・式典、展示会等

 

小諸市文化会館
ホール 100%以内(712人)
練習室 100%以内(40人)

 

大声での歓声・声援等が想定されるもの

例 ロック、ポップコンサート、スポーツイベント、公演等

小諸市文化会館
ホール

50%以内(356人)

練習室 50%以内(20人)

異なるグループ間又は個人間では座席を1席は必ず空けることとします。

ただし、5名以内の同一グループで座席の間隔を空けずに着席することは可能です。この場合、異なるグループ間又は個人間の座席の1席空きを確保した上で、収容人員の50%を超えて利用することは可能です。

この記事に関するお問い合わせ先
小諸市文化センター

〒384-0801
長野県小諸市甲1275番地2
電話:0267-23-8880 ファックス:0267-25-2224
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年09月28日