「小諸市農ライフアンバサダー」について

武藤千春さんを「小諸市農ライフアンバサダー」に委嘱しました!

小諸市長と武藤千春さん

小諸市では、ダンス&ボーカルグループ「E-girls」、「Flower」の元メンバーで、小諸市と東京の2拠点生活をしながら野菜作りに取組み、農家と消費者をつなぐ活動もされている「武藤千春さん」を「小諸市農ライフアンバサダー」として委嘱しました。

武藤千春さんのプロフィール

武藤千春

アパレルブランド「BLIXZY(ブライジー)」プロデューサー・デザイナー
MC / 農ライフブランド「ASAMAYA」店主


1995年4月3日、東京生まれ。2011〜2014年、ダンス&ボーカルグループ「E-girls」「Flower」に所属し、アーティストとして活動。
2015年より女の子が発信するメンズファッションという新しい試みのユニセックスストリートブランド「BLIXZY(ブライジー)」のトータルプロデュースを行い、企画・デザイン・PR・モデルなどをマルチに行う。
また、ラジオパーソナリティーやMCとしても活躍中。


現在は東京と長野県小諸市での二拠点生活を送り、畑での野菜作りに取り組む。
2021年には農ライフブランド「ASAMAYA」を立ち上げ、農ライフや地域の魅力を伝えながら
フードロス課題解決に向けた規格外・廃棄野菜のレスキュー活動も行うなど活動の幅を常に広げ、新しい生き方や価値観を発信している。

委嘱の経過

小諸市では、「小諸の農」のブランド化プロジェクトとして、「komoro agri shiftプロジェクト」に取り組んでいます。このプロジェクトでは、「つくる農から“つなぐ農”へ」という理念を掲げ、つくって終わりの農業から、農家自身が消費者とつながる農へのシフトを目指しています。

武藤さんは小諸に拠点をかまえてから、農家と消費者をつなぐ活動を次々と進めており、小諸市が目指す理念と同じ方向を向いていること、

また、これまでの経験から、消費者とのつながりづくりや、商品の魅せ方、情報発信力を強みとしていること、

さらに、新しいことに次々とチャレンジし、自身の「農ライフ」を実現していく姿が、若い世代の新しい“農”との関わり方のモデル的な存在になりうると判断したため「小諸市農ライフアンバサダー」として委嘱することとなりました。

今後は、武藤さんの視点での小諸の農の魅力発信や、イベントでの連携を予定しています。

武藤さんと畑・野菜

更新日:2022年02月14日