本日、2月22日から小諸市飲食店等緊急支援金の受付が始まります。

〇小諸市飲食店等緊急支援金とは

新型コロナウイルス感染拡大により大きな影響を受けている飲食店または旅館業者の方に経営維持と事業継続を支援するため、県と連携し予算の範囲内で支援金を交付する制度です。

〇支給対象者

市内に店舗等を有する飲食店または旅館業者のうち、長野県が進める「新型コロナ対策推進宣言の店」としてサービスの提供を行うもの

ただし、県支給のエリア指定型(小諸市内の指定区域対象)新型コロナウイルス拡大防止協力金の支給対象者は除く

・飲食店とは

食品衛生法施行令第35条第1号、2号に規定する飲食店営業、喫茶店営業の許可を受けているもののうち日本標準産業分類で宿泊業、飲食サービス業に該当する者。

対 象

一般食堂、レストラン、すし屋、喫茶店、カフェ、スナック、バー

対象外

仕出し屋、弁当屋、惣菜屋、コンビニエンスストア、テイクアウト専門店、社員食堂、小売店のイートインコーナー、施設利用者を対象として飲食をさせるもの

 

・旅館業者とは

旅館業法(昭和23年法律第138号。以下「法」という。)第3条に規定する許可を受け旅館業を営むもののうち日本標準産業分類で宿泊業、飲食サービス業に該当する者。

対 象

旅館業としての収入を得ているもの

対象外

企業・学校等の研修施設、風営法第2条第6項第4号に規定する施設、賃借料などの不動産収入のみで事業を行っているもの

〇交付額

一店舗当たり20万円(1回限り)

〇申請期間

令和3年2月22日(月曜)~令和3年3月19日(金曜) 【土日・祝祭日は除く】

受付時間 午前9時00分~午後4時30分

〇申請方法

申請期間内に郵送または持参により商工観光課まで申し込みください。

郵送の場合は簡易書留等により郵便物の追跡ができる方法でお願いします。

送付先

〒384-8501

小諸市相生町三丁目3番3号

小諸市役所 商工観光課

〇申請書類

 

1.小諸市飲食店等緊急支援金交付申請書兼請求書(様式第1号)

2.誓約書(様式第2号)

3.店頭等に掲示した「新型コロナ対策推進宣言の店」のポスターの写真

4.営業活動を行っていることが分かる書類

【法人】法人県民税・法人事業税申告書等の控え(写し)

            法人事業概況説明書の控え(写し)

【個人】屋号を記載した青色申告決算書又は収支内訳書の控え(写し)およびR2.6.1以降の経理帳簿等(写し)

5.食品衛生法または旅館業法の許可証の写し

6.振込先口座の通帳のコピー

(口座番号、口座名義等が確認できる部分)

 

添付いただいた書類によっては上記以外の書類を提出いただく場合があります。

※複数の店舗を営む方は、店舗ごとに申請ください

 

小諸市飲食店等緊急支援金(様式)(Wordファイル:56.5KB

チェック表(PDFファイル:184.7KB)

(記入例)小諸市飲食店等緊急支援金交付様式(PDFファイル:176.5KB)

よくあるお問い合わせQ&A

 

Q 支給対象者とはどんな事業者ですか?

A 小諸市内に店舗を有する事業者です。市内に本社や住所がある場合でも市外に所在する店舗は対象となりません。店舗の所在する市町村にご相談ください。

同一建物内でテナントとして事業を行っている場合はそれぞれに税の申告をしている場合のみ対象となります。

 

Q 長野県の「新型コロナ対策推進宣言の店」とは、どんな事業者ですか?

A お客様に安心して来店いただくことを目的として、事業者自らが感染予防対策を宣言し、

ステッカーやポスターを見やすい場所に掲示いただいているお店です。

業界別ガイドラインを参考に、感染予防対策を行ってください。ステッカー・ポスターは、

県公式ホームページからダウンロードいただくか、小諸商工会議所にご相談ください。

詳しくは、県公式ホームページをご覧ください。

 

Q 長野県支給のエリア指定型(小諸市内の指定区域対象)新型コロナウイルス拡大防止協力金の指定区域内で店舗を営んでいます。本支援金の対象となりますか。

A 酒類の提供を行っていなかったまたは営業時間短縮要請の対象外だった店舗は対象となります。

 

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 商工観光課 商工振興係

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-24-3570
お問い合わせはこちらから

更新日:2021年02月19日