高校生との自治基本条例ワークショップを開催しました。

高校生との自治基本条例ワークショップを、小諸商業高校と小諸高校で開催しました。

小諸商業高校のワークショップの様子の写真

( 小諸商業高校のワークショップの様子)

小諸高校のワークショップの様子の写真

(小諸高校のワークショップの様子)

 小諸市では、住民投票の有権者が満16歳以上の住民と定められていることを踏まえ、高校生の皆さんに住民投票について改めて考えていただき、高校生の視点から住民投票について意見を聞くため、小諸商業高校で10月1日と8日、小諸高校で10月3日と10日にワークショップを開催しました。

 両校ともに生徒会の役員の皆さんにご参加いただき、1日目は自治基本条例の概要やワークショップについての説明、2日目はワークショップ、模擬住民投票、最後に住民投票についての意見交換を行い、「住民投票が実施されたら投票に行きたい。住民投票制度を若い世代にもっと知ってもらうことが必要だと思う」「自分たちの意見が反映されるものであれば、関心を持って投票できるし、判断できると思う」等の意見が出されました。

 各校のワークショップのまとめは以下よりダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 企画課 市民協働推進係

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-23-8766
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年03月28日