第7回「小諸市自治基本条例を考える市民討議会」を開催しました。

第7回市民討議会では、「まちづくりの主体として、自分たちにできることは何か考えよう」をテーマに討議を行いました。

 第7回市民討議会(11月25日開催)では、前回の討議会で「自治基本条例」の各章ごとの評価・検討作業が終了したことから、市民が主体となって、まちづくりを進めていくための実効性のある提言をめざし、「自治基本条例」に定められている「市民」「市民活動団体」「区」「事業者」「市議会」「市の執行機関」の主体ごとのグループに分かれ、「まちづくりの主体として、自分たちにできることは何か考えよう」をテーマに討議を行いました。

 まず、前回までの討議会で出された「自治基本条例」を運用していくうえでの課題等を踏まえて、各主体それぞれの立場で、その問題点は何だったのか、うまくいかなかった原因はどこにあったのかを具体例を挙げながら出し合いました。

 次にそれらの問題点等を踏まえて、各主体それぞれの立場でどうするべきか、どうあるべきかという理想に、現状を一歩でも近づけるにはどのような解決策が必要なのかを討議しました。

 その後、グループ討議結果の発表を受けて、意見交換や質疑応答を行い、次回の討議会までに各グループから出された問題点、解決策について整理しながら、次回の討議会の目的である「協働の実現に向けて、自分たちにできることを具体化する」ことにつなげていくこととしました。

 第7回市民討議会の資料・議事録は以下よりダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 企画課 市民協働推進係

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-23-8766
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年03月28日