第3回「小諸市自治基本条例を考える市民討議会」を開催しました。

第3回市民討議会では、「第2章 各主体の権利、役割及び責務」についての討議や次回討議会の評価・検討項目である「第3章 市政運営」に関して、具体的な取組事例の説明を行いました。

 第3回市民討議会(7月26日開催)では、より多くの討議員の皆さんからご意見をいただくため、前半で、討議員の皆さんに事前にご提出いただいた、条例の「第2章 各主体の権利、役割及び責務」についてのご意見をもとに、3グループに分かれて討議を行い、後半で、グループ討議の結果発表を受けて全体討議を行いました。

 グループ討議では、3グループともに、条例第9条に規定されている「区への義務加入」について主に議論が行われ、「区は自治の一番の基本となるものなので、区への義務加入は引き続き必要である」ことや「区へ加入しやすくする具体的な取組みが足りていないので、市と区は連携して取組みを行っていくべきである」という趣旨の、共通した意見が発表されました。

 続く全体討議で、それらについて意見交換をし、討議会全体の共通認識として確認がされました。

 その後、次回の市民討議会の評価・検討項目である、「第3章 市政運営」に関しての具体的な取組事例について、事務局から説明を行いました。

 第3回市民討議会の資料・議事録は以下よりダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 企画課 市民協働推進係

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-23-8766
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年03月28日