第6回「小諸市自治基本条例を考える市民討議会」を開催しました。

第6回市民討議会では、「第5章 住民投票」「第6章 その他」についての討議を行いました。

 第6回市民討議会(10月28日開催)では、前半で、小諸商業高校と小諸高校から、ワークショップに参加していただいた高校生の皆さんをお迎えして、その報告と討議員との意見交換を行いました。

 高校生の皆さんからは、「住民投票の権利を高校生が持っているということは、大人だけの意見ではなく、より広く若い世代の意見を聞くことができるので良いと思う」「ワークショップを体験して、友達と帰り道に自分が住むまちについて話すようになり、もっとまちのことを知りたいと思うようになった」「まちづくりに関する活動について高校生にももっとPRをしてほしい。私たちも参加したい」等の意見が出されました。

 討議員からは、「高校生の皆さんが、まちづくりについてしっかり考えていることが手に取るようにわかった。自分の身近なまちを考えるということを、一緒に一生懸命やってくれて本当にありがたかった」等の意見が出されました。

 続く後半では、高校生の皆さんからのワークショップの報告や討議員の皆さんから事前に提出いただいたご意見をもとに、「第5章 住民投票」の改正の要否について討議を行い、「条文の改正の必要はない」ということが討議会として確認されました。

 第6回市民討議会の資料・議事録は以下よりダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 企画課 市民協働推進係

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-23-8766
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年03月28日