小諸市旅館業事業継続給付金

旅館業事業継続給付金とは

新型コロナイルス感染症(COVID-19)感染症の拡大に伴い、特に大きな影響を受けている市内で旅館業を営まれている皆様の事業の継続の一助としていただくために、事業全般に広く使える給付金を支給する小諸市独自の制度です。

対象事業者

旅館業第3条に基づく許可を受け市内で旅館業を営む者のうち、現に旅館業を営んでおり、本年1月から5月までの旅館業としての売上が前年同月比で50%以上減少している者

ただし、次の各号のいずれかに該当すると認められる者は、支給対象としません。

(1) 市税の滞納がある者

(2) 特定の企業及び学校等の保養所の運営者並びに風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第6項第4号に規定する施設の運営者

(3) 小諸市暴力団排除条例(平成23年小諸市条例第28号)第2条第1号に規定する暴力団又は同条第2号に規定する暴力団員若しくは反社会的勢力(以下「暴力団等」という。)である場合又は暴力団等と関係を有する者

給付額

宿泊定員に応じて、一定額を支給します。ただし、前年の旅行業の事業収入から本年の同事業収入を差し引いた額を上限とします。(千円未満切捨)

宿泊定員 給付金の額
100人以上 100万円
70人以上99人以下 75万円
40人以上69人以下 50万円
20人以上39人以下 25万円
19人以下 10万円

 

申請の流れ

支給申請(申請期間:5月11日(月曜日)~7月31日(金曜日))

旅館業事業継続給付金支給申請書(様式第1号)を提出してください。

【添付書類】

□法に基づく旅館業の許可を受けたことがわかるものの写し(許可証・申請書等)

□1~5月のいずれかの月の売上が、前年同月比で50%以上減少していることがわかる書類(確定申告書、帳簿書類の写し、宿泊者数の推移及び事業収入の報告)

□市税の滞納がないことを証する書類

□誓約書(様式第2号)

□その他市長が必要と認める書類

支給決定(審査から概ね2週間以内)

申請内容を確認させていただき、概ね2週間以内に給付額及び支給予定日を通知させていただきます。

関連書類

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 商工観光課 観光交流係

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-24-3570


お問い合わせはこちらから

更新日:2020年05月11日