ブロック塀の安全点検をお願いします。

6月18日に大阪府北部を震源として発生した地震において、倒壊したブロック塀等により小学生を含む2名の方が亡くなられる大変痛ましい事故が発生しました。

市教育委員会では、全小中学校の敷地内調査を行いましたが、ブロック塀はありませんでした。

また、通学路については、現在PTAの皆様のご協力を得て、心配な箇所を調査中です。

点検と改修をお願いします!

古いブロック塀にあっては、劣化や鉄筋の不足等により、地震時等に倒壊のおそれがあります。また、新しいブロック塀でも、現行基準に適合していない場合がありますので注意が必要です。

地震によって道路沿いにある塀が倒壊すると、子どもや高齢者などへの被害のおそれがあるだけでなく、緊急車両の通行の妨げになり、避難や救助に支障が出ます。

塀の安全確保は所有者の責任です。ご自宅の塀の安全点検を行っていただき、傾きやひび割れといった劣化がみられる場合や、控壁(ひかえかべ)がないなど基準に適合しない場合には、施工業者等の専門家に相談しましょう。また、定期的な点検を行い、必要な場合は改修をお願いします。

詳しくは、長野県のホームページ「ブロック塀等の安全点検をお願いします」(外部サイト)をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 危機管理課

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-23-8766
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年03月28日