第2次小諸市子ども読書活動推進計画を策定しました

 小諸市では、18歳以下の子どもの読書活動を、様々な場面から支援するため「第2次小諸市子ども読書活動推進計画」を策定しました。

 これは、平成22年に策定した計画を引き継ぐもので、今年度から平成28年度までの4年間に、どのような施策で子どもたちの読書環境の充実を図るかを定めたものです。

 新しい計画では、これまでの

  • 「18歳以下の子どもたちが様々な場所で、本と出会えるような読書環境を整えること」
  • 「家庭・地域・市などが連携し協力していく体制を整えること」
  • 「子ども読書の重要性のPRと情報提供を進めること」

に加え、

  • 「新図書館を建設し、内容を充実すること」
  • 「家庭での読書習慣をさらに定着させるため、ブックプレゼント事業の充実と、絵本から読み物への橋渡しをするための『サードブック事業』を検討すること」
  • 「子どもと本の接点を増やすためのPRと情報提供を進めること」

などを新たに盛り込みました。
 また、各年度初めに前年度事業の実施状況を集約して公表、施策の遂行状況を検証するとともに、子ども読書活動推進会議を定期的に開催することにより、一層の計画推進に向けて取り組む予定です。

 第二次小諸市子ども読書活動推進計画は、下記よりダウンロードが可能です。
 (概要版は、新しい計画についてA3用紙1枚に纏めたものです。)

 なお、本計画は、小諸市子ども読書活動推進計画策定委員会で審議・策定を行いました。

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 文化財・生涯学習課

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-23-8857
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年03月28日