スマートメーター実証実験の共同研究を開始しました!

 小諸市上水道課では、株式会社ミライト・テクノロジーズ(本社:大阪)より、Sensus Japan株式会社(本社:東京)と共同での、水道スマートメーター用に適した通信システムの電波伝搬実証実験の提案をいただき、共同研究として実施することを決定いたしました。

 今回の共同研究は、小諸市上水道の給水区域の中でも、特に検針効率の悪い旧御牧ヶ原水道地区を中心にスマートメーター用途を想定した電波伝搬実験を行うものです。
 開発中の技術が含まれますので、実験結果が良好であったとしても、すぐに実用化できる状況ではありませんが、このデータが今後の導入検討の際に大変役立つものと考えます。

 特に今回提案をいただいたのは、センサーネットワーク等での利用が検討されている280メガヘルツ帯の専用帯域を使用したSensus社のFlexNet通信技術を用いた実験で、この技術は既に欧米を中心に多くの商用実績があり、高接続率、長期運用安定性、セキュリティの高信頼度といった特徴があり、水道などのユーティリティ設備の無線化に適していると言われています。

 既に日本でも、都市部や山間部等で実証実験が行われており、今回新たな実証実験の場として小諸市にご提案をいただきました。

 なお、今回の実験は企業側の技術開発に関する内容が含まれますので、結果の公表は基本的に小諸市の見解のみとする予定です。

関連記事

平成27年10月30日

この記事に関するお問い合わせ先

建設水道部 上水道課

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-23-8857
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年03月28日