【4月1日更新】新型コロナウイルス感染症の拡散防止に向けて(市民の皆様へ)

4月1日(水曜)

市長メッセージ

 

~みんなで力を合わせてこの難局を乗り越えよう!~

 

小諸市民の皆様へ

 

例年に比べ春の訪れが早く、梅や桜などの花々が咲き誇る時期となり、本来であればこころ明るくワクワクする季節ですが、新型コロナウイルス感染症に関する連日の報道を見るにつけ、そんな気分になれない日々が続いています。

昨日は、国内感染者が累計2,000人を突破し、新たに確認された感染者も1日で 200人を超え、亡くなられた方も66名になってしまいました。また、ここ数日間、感染源が特定できない感染者が全国で爆発的に広がり、大変に深刻な状況となっています。

先週末には首都圏の都県で外出自粛要請がなされたことで、“コロナ疎開”と呼ばれる多くの方が軽井沢町などこの地域に押し寄せている報道をみると、感染リスクが格段に高まり、この地域で感染者が出るのは時間の問題と捉える方も多いかと思います。さらに先日、有名タレントが発症から短期間で亡くなったことで、このウイルスの恐ろしさを再認識した方も多いことと思います。

そこで、あらためて私から市民の皆様に、新型コロナウイルスを克服するために お願いをしたいと思います。

  1. 恐怖や不安に負けずに、冷静に落ち着いて行動しましょう。
  2. 自分でできる感染予防(手洗い・うがい・定期検温・免疫力を努める・十分睡眠をとり体調を整えるなど)を徹底して行いましょう。
  3. 体調の悪い時は外出を控えるなど"自分が感染しない"だけでなく"自分から感染を広めない"の自覚をもって、他人事ではなく、自分事として取り組みましょう。
  4. 3つの密(密閉・密集・密接)を作り出さないようにしましょう。
  5. 不要不急の外出や流行地域への訪問は避けましょう。
  6. "困ったときはお互い様"の精神で助け合いましょう。
  7. 感染者や家族に対するいわれのない差別や偏見は絶対にやめましょう。

     

小諸市民が心と力を合わせ、一丸となってこの難局を乗り切りましょう!

 

令和2年4月1日

 

小諸市長 小 泉 俊 博

 

 

3月6日(金曜)

市長メッセージ

 

~ 新型コロナウイルス感染症の拡散防止に向けて ~

 

小諸市民の皆様へ

 

全世界で感染が拡大し、日本国内においても日々感染者が増加している「新型コロナウイルス」ですが、残念なことに本日、佐久保健所管内でも感染症患者の発生が確認されました。

小諸市では、WHOの非常事態宣言を受けて1月31日に対策本部を立ち上げ、これまで刻々と状況が変化する中、国や県からの情報収集を行い、医師会やこもろ医療センターと連携しながら、感染症予防対策や拡散防止対策を講じてきました。また、経済対策として、商工会議所などと連携し、相談窓口の設置、融資の創設などの対策を講じてきました。市教育委員会においては子どもたちの命と健康を守ることを第一に、校長会などと協議を重ね、小中学校の臨時休校などの対応をしてきました。この間、ご家庭や地域においては、高齢者や子どもたちを見守っていただき感謝申し上げます。

市民の皆様には大変なご不便をおかけしていますが、引き続きご理解ご協力をお願い申し上げます。

小諸市では、これからも市民の命や健康を守るため、あらゆる対策を講じて、一人の市民も取り残さないよう全力で取り組んで参ります。

今回の新型コロナウイルスを克服するためには、市民の皆様と行政が共に力を合わせなければなりません。

そのためには、

    ・恐怖や不安に負けずに、冷静に落ち着いて行動しましょう。

    ・自分でできる感染予防は徹底して行いましょう。

    ・“困ったときはお互い様”の精神で助け合いましょう。

    ・患者や家族に対するいわれのない差別や偏見は許しません。

小諸市民全体が一致団結して新型コロナウイルス立ち向かい、この闘いに勝利しましょう!

 

令和2年3月6日

小諸市長 小 泉 俊 博

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 企画課 秘書係

〒384-8501
長野県小諸市相生町3丁目3番3号
電話:0267-22-1700 ファックス:0267-23-8766
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年04月01日