浅間山の状況及び小諸市内の状況について(8月9日 15:45)

浅間山の状況について(概略)

■降灰の状況

小諸市においては降灰は確認されてない。

 

■火山ガス

8日実施された火山ガス観測では、二酸化硫黄の放出量は、1日あたり300トン(前回6月13日、数十トン以下)とやや少ない状態。

 

■噴煙の状況

7日22時08分の噴火以降、新たな噴火は発生していない。8日の噴煙は白色で、火口縁上概ね700m以下で推移。

 

■地震や微動の発生状況

地震活動の顕著な活発化は認められていない。7日の噴火以降、やや高周波の地震が増加。

 

■地殻変動の状況

新たなマグマ上昇を示す地殻変動は観測されていない。

 

『火山活動解説資料(令和元年8月8日19 時20 分)』より

 

小諸市内の状況について

噴火警戒レベル3に引き上げられたことで、火口から4km以内には立ち入り禁止となりましたが、小諸市内では、その範囲内の観光施設(火山館を除く)は無く、周辺の宿泊施設や里山、市街地などへの影響はありません。

 

規制された登山道以外については、高峰高原も含めて、従来通り交通や観光に訪れていただくことができます。

これからハイシーズンとなる、高峰高原の景色や冷涼地・小諸へのご来訪をお待ちしております。

更新日:2019年08月09日