小諸市動物園の脱走していたヤクシカの捕獲について

令和元年8月25日に、小諸市動物園から脱走していたオスのヤクシカが捕獲されましたのでお知らせいたします。

この度の脱走事故についてあらためてお詫びするとともに、皆様のご協力に感謝申し上げます。

 

■捕獲日時:令和元年11月18日(月曜)午前8時20分頃

 

■捕獲場所:小諸市動物園内シカ舎

 

■捕獲状況:シカ舎内にいる個体を発見し、シカ舎入口の扉を閉めて捕獲。

 

これまでの経過

8月25日以降、脱走した遊園地下の谷周辺の捜索と、遊園地下側のフェンス沿いにエサ撒きを行い、暗視カメラを設置して個体の捜索を実施していたところ、9月下旬より足跡やエサを食べる様子などが確認できたため、付近に潜んでいるものと推定していました。

継続してエサ撒きや、メスシカのフンなどを散布して留まらせる工夫を行いながら、個体を捕獲しやすい場所までエサ撒きなどを行い誘導し、捕獲には個体への負担軽減を考えて「囲い罠」を設置しての捕獲を検討していました。

11月6日から、動物園内シカ舎付近での足跡が確認できたため、捕獲方法を変更してシカ舎内での捕獲をめざして、シカ舎周辺にエサ撒きを実施しました。慣れて警戒心が薄くなってきた様子があるため、11月12日よりシカ舎内で飼育しているメスシカを夜間だけシカ舎奥のスペースに移動させ、シカ舎の入口の扉を開放しエサをシカ舎内に撒き、シカ舎内への誘導を実施してきました。

11月12日から、シカ舎内での出入りが暗視カメラ等で確認できたので、捕獲に向け入口の扉の加工を検討していたところ、

11月18日、園内巡回をしていた飼育員が、シカ舎内にいるところを発見し扉を閉め捕獲に至りました。

 

現在の状況

捕獲された当初はケガなども見られず元気な様子でしたが、警戒している状況であった為、シカ舎内で隔離し、様子を見ていました。

現在は去勢も済ませ、シカ舎で仲良く暮らしています。

 


角があるのが捕獲された個体

この記事に関するお問い合わせ先
懐古園事務所

〒384-0804
長野県小諸市丁311番地
電話:0267-22-0296 ファックス:0267-25-0296
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年12月13日