台風第12号による大雨等に警戒してください。

公開日 2018年07月26日

最終更新日 2018年07月27日

 以下のとおり、気象庁から情報提供がありました。

台風第12号による大雨等に警戒してください。
<概況>
 今日25日3時、日本の南海上で発生した台風第12号は、発達しながら北東へ進み、明後日27日(金)には小笠原諸島、28日(土)には伊豆諸島に接近する見込み 台風は、その後向きを北西に変え、28日(土)から29日(日)にかけて、本州の沿岸にかなり接近・上陸するおそれ。
 日本沿岸の海面水温は、平年より高くなっている。台風は、海面からのエネルギー供給を受け、勢力が衰えずに日本に近づくおそれ。
 また、26日(木)から8月1日にかけて大潮となることにも留意。 台風の接近に伴い、東日本や東北地方を中心に大雨、暴風、高波、高潮に注意・警戒。最新の台風情報等に留意。
<西日本、東海地方の気象の見通し>
 明後日27日(金)にかけては、高気圧に覆われるため、引き続き、多くの地点で最高気温が35度以上の猛暑日となるなど、晴れて厳しい暑さが続く見込み。
 命に関わる危険な暑さが続いている。屋外はもとより、屋内でも、熱中症に対して、できる限りの対策が必要。
 また、午後は、山沿いや内陸を中心に局地的に雷雨となるところがある見込み。落雷や突風、急な強い雨に注意。
 28日(土)から29日(日)にかけては、台風の接近に伴う湿った空気の影響で雲が多く、28日(土)は雨が降る見込み。
 台風の進路によっては、29日(日)も雨となる可能性がある。
 これまでの大雨により、広い範囲で地盤の緩んでいるところがある。
 引き続き、土砂災害等に警戒するとともに、地元市町村や各地気象台が発表する情報等に留意。

(別紙)台風第12号について[PDF:322KB]

(別紙)台風第12号について(第2報)[PDF:322KB]

お問い合わせ

経済部 農林課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-24-3570
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード