【農業】高温時における技術対策について

公開日 2018年07月03日

最終更新日 2018年07月03日

気象庁は6月25日、高温に関する異常天候早期警戒情報を発表しました。

これによると、関東甲信地方では6月30日頃からの1週間は、気温が平年よりかなり高くなる(7日平均で平年より2.8℃以上高い)確率が30%以上と見込まれています。

この時期30℃以上の最高気温が続いた場合、果実などの日焼けやハウス内の高温障害などが広い範囲で発生することが心配されます。

また、急激な温度上昇の際は、熱中症にかかりやすくなります。

ついては、今後の気象の推移に注意するともに、別添「高温時における農作物・家畜類等の栽培・飼育管理技術について(発行:佐久農業改良普及センター)」により対策を講じてください。

 

技術対策[DOC:56KB]

お問い合わせ

経済部 農林課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-24-3570
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。