大雨と融雪及び雷に関する長野県気象情報 第2号

公開日 2018年03月08日

最終更新日 2018年03月08日

 このことについて、以下のとおり長野地方気象台より情報提供がありました。

 地域によっては降雪や強風の可能性もありますので、農業用施設等への被害に警戒してください。


【以下 平成30年3月8日17時00分 長野地方気象台発表】
(見出し)
長野県では、9日朝にかけて大雨となる見込みです。中部と南部では、土砂
災害に警戒してください。積雪の多い地域では、雪解けによる土砂災害やな
だれに注意してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意して
ください。
(本文)
[気象状況と予想]
西日本には前線を伴った低気圧があって、東北東に進んでいます。低気圧
は、発達しながら西日本から北日本の日本海沿岸を進み、9日昼前にかけて
低気圧からのびる前線が関東甲信地方を通過する見込みです。低気圧や前線
に向かって暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。
このため、長野県では9日朝にかけて大雨となり、雪解けが進む見込みで
す。

[予想降水量]
南部では、8日夜のはじめ頃から、9日未明にかけて、1時間に30ミリ
の激しい雨の降る所がある見込みです。
8日18時から9日18時までの24時間降水量は、いずれも多い所で、
北部: 60ミリ
中部: 80ミリ
南部:120ミリ
の見込みです。
9日の午後は次第に冬型の気圧配置となり寒気が流れ込むため、夜は北部
では雪になるでしょう。

[防災事項]
中部と南部では、9日未明から朝にかけて大雨による土砂災害に警戒して
ください。
積雪の多い地域では、雪解けによる土砂災害、なだれに注意してください
。また、8日夜のはじめ頃から9日朝にかけて、落雷や竜巻などの激しい突
風のおそれがありますので、屋外活動などには注意してください。発達した
積乱雲の近づく兆しがある場合は、建物内に移動するなど安全確保に努めて
ください。降ひょうも予想されますので、農作物の管理などにも注意してく
ださい。

[補足事項]
今後、気象台が発表する警報、注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意し
てください。
次の「大雨と融雪及び雷に関する長野県気象情報」は、9日6時頃に発表
する予定です。

別紙、「大雨と急速に進む融雪による低地の浸水、土砂崩れ、河川の増水、なだれに警戒」を参照してください。

別紙[PDF:484KB]

お問い合わせ

経済部 農林課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-24-3570
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード