メールアドレスの流出について

公開日 2018年03月08日

最終更新日 2018年03月08日

 メールの誤送信により、メールアドレスの流出事故が発生しましたのでお知らせします。

 

 総務部企画課において、ふるさと納税をした方にお知らせのメールを一斉送信した際に、誤って宛先欄にメールアドレスを入力したため、メールアドレスが流出する事故が発生しました。

 

 関係者の皆さまには多大なご迷惑、ご心配をおかけし、心からお詫びを申し上げます。また、今後、このような事がないよう情報管理をさらに徹底し、再発防止に努めて参ります。

 

■概要

 本来であれば個人のアドレスが表示されない形式(BCC)で送信すべきところを、アドレスが表示される形式(TO)にて送信してしまいました。

1 発生日時:平成30年3月7日(水)16時6分

2 流出元 :総務部企画課情報戦略推進係

3 流出件数:46件

 

■対応

 同日中に対象の皆さまに対し、メールアドレス流出に関するお詫び及び当該メールの削除をお願いするメールを送信しました。

 本日、あらためて文書にてお詫びのご連絡をいたします。

 

■再発防止策

・複数の宛先へ一斉にメールを送信する際のルールを徹底します。

・情報セキュリティポリシーに関する研修を実施し、リスク管理を徹底します。

 

 

お問い合わせ

総務部 企画課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8766
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。