日本語ボランティア学習会 はじめの一歩 

公開日 2018年02月13日

最終更新日 2018年02月13日

国籍やことばが異なる人々が地域でともに暮らすために、私たちにできることは何でしょう?

 現在、小諸市にはたくさんの外国人が共に生活をしています。日本語での情報が届きにくく、地域や人とのつながりが少ないために、さまざまな不便や困難を感じている人たちがいます。国籍や滞在理由は違っても、少しでも安心安全に日常生活が送れるように手助けをしてみませんか。はじめの一歩として、多文化の人々の日常を知ることで、自分なりのボランティアの形をみつけてみませんか。

★日 時:平成30年3月11日(日) 【午前の部】午前10時~12時 【午後の部】午後1時~3時

★場 所:小諸市文化センター 第一講義室

★内 容:【午前の部】JICAシニアボランティア日本語教師として派遣されたトンガ王国での日本語指導体験を通し

           て感じたことや異文化共生についてお話します。

           講師 阿部敏子さん(長野大学非常勤講師)

     【午後の部】地域で共に暮らす多文化の人々の現状を知り、コミュニケーションのしかたや日本語ボラン

           ティアについて学習しましょう。

           講師 認定NPO法人 多文化共生センター東京

★申 込:2月28日(水)までに 人権政策課 までお申込みください。 

学習会チラシ.cleaned[PDF:224KB]

      

 

お問い合わせ

教育委員会 人権政策課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8857
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード