1月10日からの降雪・強風予報について

公開日 2018年01月10日

最終更新日 2018年01月10日

 このことについて、長野県地域振興局から情報提供がありました。

佐久地域におきましても1月10日から12日ごろまで、大型低気圧の発達に伴う

強風・積雪が予想されますので、農業用施設等の被害防止に向け、万全を期してください。

(以下、気象庁HP「暴風と高波及び大雪に関する全般気象情報 第7号」より一部抜粋)

平成30年1月9日16時30分 気象庁予報部発表

 日本付近は12日頃にかけて強い冬型の気圧配置となるため、北日本を中心に

雪を伴った非常に強い風が吹き、海は大しけとなるでしょう。暴風雪、暴風や高波に警戒し、

大雪やなだれに注意・警戒してください。


[気圧配置など]

急速に発達中の低気圧が千島近海を北東へ進んでいます。日本付近は冬型の気圧配置が強まるでしょう。

また、10日から北日本の上空約5000メートルに、氷点下36度以下の寒気が流れ込み、

強い冬型の気圧配置は12日頃にかけて続く見込みです。

[防災事項]
<暴風雪・暴風・高波>

北日本の日本海側を中心に雪や雨を伴った非常に強い風が吹いている所があります。

北日本日本海側を中心に、10日にかけて猛ふぶきとなり、12日頃にかけてふぶく所があるでしょう。

また、北日本と北陸地方では10日にかけて海は大しけとなる見込みです。

10日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、東北地方、北陸地方 23メートル(35メートル)

<大雪>

北日本から西日本の日本海側を中心に、12日頃にかけて大雪となる所があるでしょう。

10日18時までの24時間に予想される降雪量は、

多い所で、関東甲信地方、近畿地方、中国地方 30センチです。その後も降雪量は多くなるでしょう。

大雪による交通障害やなだれに注意・警戒してください。

お問い合わせ

経済部 農林課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-24-3570
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。