強い冬型の気圧配置について

公開日 2017年12月27日

最終更新日 2017年12月27日

このことについて、気象庁から情報提供がありました。

最新の情報に十分留意するとともに、添付資料をご確認いただき、暴風雪、暴風等に

警戒してください。

<概況>北日本の上空約5000メートルには、氷点下36度以下の強い寒気が流れ込み、
日本付近は、25日夜から28日(木)頃 にかけて、強い冬型の気圧配置が続
く見込み。
<暴風雪・暴風・高波> 北日本と東日本の日本海側では、28日(木)頃にかけ
 て、雪を伴って非常に強い風が吹き、陸上は猛ふぶき、海は大しけとなる見込み。
 陸上で予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道25メートル(35メート
 ル) 、東北20メートル(35メートル)、北陸20メートル(30メートル)の
 見込み。

 <大雪> 北日本と東日本の日本海側を中心に28日(木)頃にかけて大雪となると
ころがある見込み。 特に、東北南部、北陸、関東甲信北部の山沿いを中心に降雪量
が多くなるおそれ。
<警戒事項> 猛ふぶきや吹きだまり、大雪による交通障害、高波に厳重に警戒。な
 だれ、落雷、突風に注意。各地の気象台が発表する最新の気象情報等に留意。

28日(木)頃にかけて続く強い冬型の気圧配置について[PDF:372KB]

お問い合わせ

経済部 農林課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-24-3570
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード