農作業に起因する火災防止について

公開日 2017年03月28日

最終更新日 2017年03月28日

このところ、枯草などを焼却する火が周辺に延焼し、山林等へ燃え広がる事故が発生しています。

春先は、空気が乾燥していることや、気温の上下に伴い急に風が強くなるなど、焼却作業には大きな危険が伴います。

このためできる限り焼却による処分を回避することとし、堆肥化、土壌改良資材や敷わら等としての活用を図ってください。

やむを得ず焼却する場合には、一人では絶対に行わず、必ず複数人で行うこととし、万が一の場合にはすぐに消火できるようにするとともに、すぐに消防へ連絡できるようにしてください。

また、風のないときを選び、風が出てきたらすぐに焼却作業を止めましょう。

なお、作業終了後は完全に消火するとともに、残り火が残っていないことを必ず確認してください。

お問い合わせ

経済部 農林課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-24-3570
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。