鳥インフルエンザに関する注意喚起

公開日 2016年11月24日

最終更新日 2016年11月24日

11月18日、鹿児島大学から、大学の独自調査により、鹿児島県出水市において11月14日に採取した環境試料(ねぐらの水)から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出された旨報告がありました。

また、11月21日、秋田県、鳥取県での事例について高病原性鳥インフルエンザウイルスの確定の報告を受けました。

このことから、「野鳥における高病原性鳥インフルエンザに係る対応技術マニュアル」(以下マニュアル)に基づき、現在実施している野鳥サーベイランスにおける全国の対応レベルについては、「対応レベル3(国内複数箇所発生時」となります。

死亡野鳥を発見した場合は触ろうとせず市役所までご連絡ください。

詳しくは下記のページをご覧ください

環境省:http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/

長野県:http://www.pref.nagano.lg.jp/yasei/sangyo/ringyo/choju/toriinflu.html

お問い合わせ

経済部 農林課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-24-3570
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。