第7回上水道市民懇談会

公開日 2016年12月02日

最終更新日 2016年12月02日

 平成28年11月13日(日)に第7回上水道市民懇談会を開催し、前回までワークショップで話し合いを行っていただいた「更新施設の優先順位及び料金水準について」について全体会議を行いました。

第7回懇談会

第7回上水道市民懇談会次第

1 開 会

2 第6回市民懇談会のまとめ報告

3 第1回全体会議
 テーマ「更新施設の優先順位及び料金水準について」
  ①施設の更新順位について
  ②まとめ発表
  ③施設の更新順位について
   -休憩-
  ④料金水準について
  ⑤まとめ発表
  ⑥料金水準について

4 連絡事項

5 閉 会

 

 今回は、前回までのワークショップで話し合っていただいた内容をまとめたものをベースとし、基本計画をスタートするための最初の基準を設けるため、施設更新の優先順位の考え方、更新率と料金水準等について意見をいただきました。

第6回市民懇談会まとめ[PDF:119KB]
※上記の添付ファイルは、第6回市民懇談会のワークショップでの意見を班ごとにまとめ、そこからポイントとなる施設などをまとめたものです。表中央の配水対象施設は、緊急時も水が出てほしい施設や断水等があった場合に影響が大きいと思われる施設です。この優先順位が決定ではなく、話し合いの「たたき台」として整理したものです。

 

 ◆全体討論

 全体討論は、人数が多いことから必要に応じて2班での話し合いを交えて行いました。
 参加者の皆さんからは、「もっと具体的な資料がないと判断できない」、「人口が減れば将来の収入が減るのだから、そうした見通しの数字も必要だ」といったご意見もありました。

 この市民懇談会は、私達職員が事業者の立場のみで計画作りを進めることのないよう「使用者の意見」を取り入れるため開催したもので、「使用者感覚」でご意見をいただくことを当初の目的としていました。

 しかし、実際には参加者の皆さんは、私たちが考えているよりも「より深く、より広く」考えてくださっていることを実感しました。残念ながら、そうした深い議論をするには8回という回数は少なすぎたと感じています。

 料金水準についても、「そもそも水道料金の値上げありきで進めているのか?」といったご意見や、逆に「将来を考えたら早い時期から少しずつ料金を上げた方が良い」といったご意見もありました。
 水道事業者の立場からすると、少しでも施設の更新率を上げるため料金の値上げはお願いしたいところではありますが、近隣事業体に比べ水道料金が安いことは小諸市水道の長所でもあり、今後のまちづくりの中でも、なるべくこうした長所は生かしていきたいと考えています。

 また、仮に料金を値上げするとした場合も「いつ、どれくらい」といった問題が発生します。それぞれのご意見を参考にしながら、実施の有無を含めて慎重に検討していかなければならないと考えています。

 上水道事業基本計画については、当初予定していた基本調査が大幅に遅れていることから、市民懇談会でも配水計画などに基づく具体的な資料による説明ができず、参加者の皆さんには大変ご迷惑をお掛けしていますが、スタートラインに立つための最低限の準備だけは今年度中に終了させたいと思います。

 市民懇談会の参加者の皆さんには、可能であれば次年度以降も計画のチェックなどを行っていただき、ご意見をいだだく機会を設けていきたいと考えています。

お問い合わせ

環境水道部 上水道課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-24-1340
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード