灯油漏れ事故に注意しましょう!

公開日 2016年11月15日

最終更新日 2016年11月15日

暖房機器を使う季節になりました。毎年冬場に灯油漏れ事故が発生しています。

その主な原因は、タンクから注油中にその場をはなれたことによるものです。

 

事故防止のため、以下のことに注意してください

 

〇 ポリタンクに小分けの際は、その場をはなれない

〇 タンクのバルブを完全に閉めたか確認する

〇 タンク、配管周りの積雪や落雪に注意する

〇 ホームタンクは、転倒しないよう固定する

 

油を漏らしてしまったら、漏れているのをみつけたら

 

〇 あわてずに原因を見つけて元栓を閉めて、流れ出さないよう応急処置をし、

 下記の機関に速やかに通報してください。

 

 小諸消防署        0267-24-0119 (緊急時 119)

 市役所生活環境課     0267-22-1700

 

うっかりこぼした油でも、大きな被害が発生します

〇 あふれた灯油は、環境悪化、農業や漁業への被害を引き起こす場合があります。

  油の処理にはかなりの費用がかかります。流れ出た油の処理に要した経費、及び発生

 した損害は原因者負担です。

お問い合わせ

環境水道部 生活環境課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8857
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。