信州小諸ふーどまつりに参加しました!

公開日 2015年10月08日

最終更新日 2015年10月08日

 平成27年10月4日(日)に開催された信州小諸ふーどまつりに上水道課として参加いたしました。

 今回もアンケート調査を行いましたが、88人の方にご協力をいただきました。お忙しい中、ご協力いただきましたことを厚くお礼申し上げます。

 また、上水道課のキャラクターである水道管助も初披露となりました。

水道管助

初披露で「アルクマ」と「ハイぶりっ子ちゃん」という地元ではメジャーな方々と肩を並べることになりました。

水道管助くんの製作については小諸市水道ブログ「みずぶろ」に掲載しています。

ふーどまつり
ふーどまつりの様子(上水道課テント)
ふーぢまつりの水道管助
上水道課テント前の水道管助

 また、7月に市内のスーパーで行ったアンケート調査と合わせて集計を行いましたが、全体の傾向はほぼ前回と同じという結果になりました。

 ただし、今回は性別によるクロス集計も行ったところ、特徴的な部分がありましたのでご紹介します。

 

◆小諸の水道水を「おいしくない」と回答された方の理由

グラフおいしくない理由男性
男性
グラフおしくない理由女性
女性

 

 男性の最も多い理由が「味に不満がある」に対して、女性は「水質が気になる」が最も多くなっています。

 

◆「あなたの家庭では水道水をそのまま飲んでいますか?」
グラフ水道水をそのまま飲みますか男性
男性
グラフ水道水をそのまま飲みますか女性
女性

 

 

 先の項目で「水質が気になる」が多かった女性は、水道水をそのまま飲まない方の比率が男性より多くなっています。
 これら二つの結果から「水」に対する関心は日ごろから水を使う機会の多い女性の方が高いように思われます。
 
 
水道事業は独立採算制で収入の多くが水道料金でまかなわれていることを知っていますか?
グラフ水道が独立採算だと知ってますか男性
男性
グラフ水道が独立採算だと知ってますか女性
女性

 

 水道事業が水道料金で運営されている独立採算制であることを知っていますかという質問では、男性の半数以上が「知っている」のに対し、女性は3割程度であったことから、女性の方が「水」に対する関心は高いが、「水道」若しくは「水道事業」に対する関心や知識が不足しているということが考えられます。

 行政として水道や水道事業のPRが不足していることは前回のアンケートからも読み取れましたが、特に家事などで水を使う機会の多い女性に、もっと水道のことを知っていただく必要があると再認識いたしました。

 今後の広報やPRの参考とさせていただきます。

 
 なお、今回のアンケートの質問に関する「回答」ともいえる内容が、こちらの「水道豆知識」にありますので、合わせてご覧ください。

お問い合わせ

環境水道部 上水道課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-24-1340
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。