浅間山噴火警戒レベルと登山規制について

公開日 2013年02月01日

最終更新日 2013年02月01日

 小諸市では、昭和48年から災害対策基本法第63条第1項に基づき、火口から4km以内を警戒区域とし、立入りを禁止しています。

 ただし、噴火警戒レベルに応じて、下記の登山道については、立入りを認めています。

浅間山噴火警戒レベルについて 

   平成27年(2015年)6月11日に噴火予報が発表されました。

   現在の 噴火警戒レベルは レベル2(火口周辺規制) です。

   ※ 詳しくは気象庁のホームページをご覧ください。 http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/306.html

 

 なお、浅間山は、活火山です。一見平穏に見えても、突然噴火する危険性があることを十分に認識し、登山中に異常を感じたり、危険だと判断した場合は、迷わずに下山してください。また、浅間山の異常に関する放送があった場合は、必ず指示に従ってください。

※火口から4km以内の警戒区域への立入りは、自己責任での入山となります。     

浅間山噴火警戒レベルと立入り可能な登山道

噴火警戒レベル 立入を認める登山道

(平常)

(1) 車坂峠から槍ヶ鞘、トーミの頭、黒斑山、蛇骨岳、仙人岳、Jバンド、賽の河原を経て前掛山に

至る登山道(黒斑コース)

(2) 一の鳥居から火山館、湯の平口、賽の河原を経て前掛山に至る登山道及び草すべりを経て

黒斑コースへ合流する登山道(火山館コース)

(火口周辺規制)

(1) 黒斑コースのうち、車坂峠から槍ヶ鞘、トーミの頭、黒斑山、蛇骨岳、仙人岳、Jバンドを経て

賽の河原に至る登山道

(2) 火山館コースのうち、一の鳥居から火山館、湯の平口を経て賽の河原に至る登山道及び

草すべりを経て黒斑コースへ合流する登山道

(入山規制)

浅間山の火口から4km以内を立入禁止とす

お問い合わせ

総務部 総務課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8766
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。