日本のアートディレクション展2018 / 2018長野ADC展 【小諸高原美術館・白鳥映雪館】

公開日 2019年01月04日

最終更新日 2019年01月04日

 デザイン2018   長野

 

 昭和27年(1952年)に設立された、「東京アートディレクターズクラブ(通称:ADC)」は、第一線で活躍する80名のアートディレクターで構成し、東京を拠点に活動している団体です。この全会員が審査員となって行われる公募展「日本のアートディレクション展 2018」が、10月29日から11月22日まで、東京銀座で開催され、応募総数は約8,000点の中から厳選された「受賞作品・優秀作品」約140点が展示されました。この展覧会は、一流の広告・グラフィックデザインを集めたものですが、全国でも「東京」のほか「小諸市」と「石川県野々市市」の3か所でしか開催されない貴重な展覧会です。これに併せて、「長野アートディレクターズクラブ(通称:長野ADC)」で選出された作品展も開催し、信州にちなんだデザイン作品を展示します。この機会に、一流の広告・グラフィックデザイン作品をぜひご覧ください。

 

(1)日 時       

           平成31年1月6日(日)~2月17日(日)

           午前9時~午後5時

(2)休館日

          1月:7日(月)、15日(火)、21日(月)、28日(月)

          2月:4日(月)、12日(火)

(3)場 所

   市立小諸高原美術館・白鳥映雪館 第1・第2展示室、市民展示室      

ギャラリートーク

  ■日 時  平成31年1月19日(土)15:00~

  ■場 所  市立小諸高原美術館 第1展示室

  ■講 師  小杉幸一 氏(博報堂 アートディレクター)

美術館

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8857
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。