第30回小山敬三記念小諸公募展開催のお知らせ

公開日 2016年11月03日

最終更新日 2016年11月03日

 小諸高原美術館・白鳥映雪館では、11月27日(日)まで第30回小山敬三記念小諸公募展の入選作品161点と過去3年間の大賞受賞者の招待作品3点、併せて164点を展示します。

 この展覧会は、小諸市出身の洋画家小山敬三の画業を顕彰する目的で昭和62年から始まった展覧会で今年30回目となりました。

 本年度は187点の応募があり、一水会常任委員廣畑正剛氏ほか4名が審査に当たり最高賞の小山敬三記念大賞には、千曲市の中沢嘉文氏の「古城のほとり」が選ばれました。この作品は小諸市内の小諸大橋周辺より、浅間山の麓に広がる小諸の町を描いた作品で、青を主調色に用い、抑えたタッチで仕上げています。このほかの受賞作品も力作がそろい、見応えがあります。詳細は下記の通りです。

 中沢嘉文氏の「古城のほとり」を掲載しました。

 

小山敬三記念大賞「古城のほとり」

会   期  平成28年10月23日(日)~11月27日(日)

       開館時間午前9時から午後5時

       ※会期中の休館日10月24,31日(月)、11月7,14,21日(月)、11月24日(木)

 

入   館   料       高校生以上の大人500円、小中学生250円

 

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8857
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。