水道豆知識

公開日 2015年03月25日

最終更新日 2015年03月16日

サドルンの水道豆知識

◆おいしい水とは?
 水はそもそも無味無臭ですので、何も不純物を含まない水はおいしく感じるものではありません。
 おいしいと感じる成分は、主にカルシウム、マグネシウムなどのミネラル成分で、これらが多いと硬水、少ないと軟水となります。
 一般的に硬度が高いと、ポットなどに白い塊(総称として「フレークス」と言うそうです)ができやすいことから嫌われることも多いのですが、ミネラルが多いことから飲料水としてはおいしいということになります。
 小諸市の水は、中硬水から硬水のエリアが多いことからおいしいとい水ということになります。
 しかし、水がおいしく感じることに最も大きな影響を与えるのは「温度」とも言われており、やはり冷たい水が一番おいしく感じるのかもしれません。


◆安全な水とは?
 水道水をそのまま飲まない方や、市販のペットボトル水を飲まれている方もいらっしゃいますが、安全な水とはどういった水でしょうか?
 水道水は水道法で水質に関する基準が定められており、基本項目が51項目あり、全ての基準を満たしていないと水道水として提供することはできません。
 一方で、ミネラルウォーターは食品衛生法で基準が定められており、水質に関する項目は18項目しかありません。
 また、同一の水質項目についても水道水より基準値が緩く設定されています。
 これは、そもそもの取扱いが異なるためで、水道水は一般的に2ℓ以上の水を毎日飲んでも健康に影響が出ないような基準となっていますが、ミネラルウォーターは味を楽しむ「嗜好品」の扱いとなるため、毎日大量に飲むことを前提としていません。
 さらに、「嗜好品」であるため、味を生かすために基準値が緩く設定されています。(前項のおいしい水とはを参照のこと)
 つまり、一般的な安全性でいえば水道水の方が高いということになります。
 なお、水道水は塩素滅菌していますので、塩素の影響を気にする方もいると思いますが、現在の水道水では非常に低い濃度の滅菌で十分効果がありますので、体などへの影響を気にされる必要はありません。
 ちなみに、川の水などを大量に使用している都会などでは多めの滅菌処理がされていたこともあるようですが、最近は浄水処理技術が進んだため、そのようなことはないようです。
 小諸の水は全てが湧水と深井戸の良質な水ですので、そもそも多めの滅菌処理を行う必要がありません。


◆水の値段?
 一般的なミネラルウォーターは、コンビニエンスストアなどで購入すると、500mℓで108円くらいだと思います。
 小諸市の水道料金を500mℓに換算すると0.084円(H25小諸市供給単価ベース)となりますので、500mℓのペットボトル1本の値段で約640ℓの水道水が買えることになります。(約お風呂3杯分)
 ミネラルウォーターはとても高価な水ということになります。
 ちなみに、最近変動が大きいですが、レギュラーガソリンが1ℓ140円前後としても、ミネラルウォーターはハイオクガソリンよりも高いことになります。


◆水道事業会計とは
 水道事業は、原則として地方公共団体により経営される地方公営企業によって独立採算制で運営することとなっています。
 このため、人件費を含む全ての経費を水道料金などの収入で賄うことが原則となっており、小諸市の水道事業も基本的には一般会計からの繰入なしで運営しています。
 ただし、消火栓の維持管理費等、水道料金で負担すべきではない費用については一般会計より負担金として支出されています。


◆おまけ
 一時期流行った海洋深層水。水深200m以上の太陽光が届かない海洋深層部にある水はミネラルバランスがよく、栄養に富んで細菌類も少ないなどと大々的に宣伝され売り出されていました。
 しかし、最近では深層水を表層水と比較した場合の優位性を科学的に証明した事例はほとんどないといった報告もあるようです。
 海洋深層水は豊富なミネラルを売りにしているケースが多く、中には硬度800mg/ℓとか1,000 mg/ℓなどといったエビアン(304 mg/ℓ)も真っ青な超硬水も売られています。(水道法では300 mg/ℓ以下)
 しかし、こうした水が健康増進に繋がるといった根拠は科学的に証明されておらず、逆に硬度が高すぎる水を飲んでお腹の調子が悪くなったといった話もあります。
 小諸市の水道水は、全てが湧水と深井戸の水で、滅菌処理だけで水道水に使用できる非常に良質で貴重な水です。
 確かに硬度が高めの水もありますが、全体的にはミネラルが程よく含まれるため味もよく、おいしく安い水と言えるのではないでしょうか。
 ちなみに、滅菌処理だけで水道水に使用できる原水の割合は年々減少してきており、全国数値では既に20%を割り込んでいます。(ほとんどがダムの貯留水と河川等の表流水で、ろ過等の浄水処理が必要です)
市販の水よりも、安くて安全で、適度なミネラルを含む小諸の水をお勧めします。

 

関連記事

お問い合わせ

環境水道部 上水道課
電話:0267-22-1700
ファクシミリ:0267-24-1340
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。