ひだまりサロンの記録

公開日 2017年05月26日

最終更新日 2018年11月05日

 ひだまりサロンは≪さまざまな文化との出会い≫をコンセプトに、地域で活動をしている方々が発信できる場として小諸図書館の「ひだまりのひろば」で活動の内容を披露していただいています。朗読や演奏など色々な活動を紹介することで、人と本・人と人・人と文化が出会い・つなぐ場を出演者と図書館が共に作り上げています。

今後の予定はイベント情報のページ、各月のイベント情報をご覧ください。

過去のひだまりサロンの様子はひだまりサロンのバックナンバーのページをご覧ください。


大人のためのブックトーク 平成30年11月4日(土

 ~おススメの本を3分でご紹介!本を読むってやっぱり楽しい~

     20181104ひだまりサロン    20181104ひだまりサロン紹介本2紹介した本の紹介

出演者 JPICしなのの皆さん

ブックトーク(本の紹介)

1.北原まりさん(第15期読書アドバイザー・安曇野市立図書館司書)
 『ヨーコさんの”言葉”わけがわからん』佐野洋子/文 北村裕花/絵 講談社
 『未来の年表 2』河合雅司/著 講談社
2.川舩美保さん(第19期読書アドバイザー・松本市立二子小学校図書館司書)
 『みさき食堂へようこそ』香坂直/著 講談社
3.井出明子さん(第22期読書アドバイザー・市立小諸図書館勤務)
 『緑の庭で寝ころんで』宮下奈都/著 実業之日本社
4.大池和美さん(第20期読書アドバイザー・市立小諸図書館勤務』
 『小さな家のローラ』ローラ・インガルス・ワイルダー/作 安野光雅/絵 朝日出版社
5.矢崎恵美子さん(第11期読書アドバイザー・諏訪市立図書館副館長)
 (千葉茂樹翻訳の絵本)
 『ふしぎなガーデン 知りたがりやの少年と庭』ピーター・ブラウン/著 ブロンズ新社
 『こんな家に住んでたら』ジャイルズ・ラロッシュ/著 偕成社
6.越高店長(第1期読書アドバイザー・松本の児童書専門店「ちいさいおうち」)
 (東北の夏)をテーマに3冊
 『送り火』高橋弘希/著 文芸春秋
 『おらおらでひとりいぐも』若竹千佐子/著 河出書房新社
 『銀河鉄道の父』門井慶喜/著 講談社
 

サロンの様子

JPICしなのは、長野県内で活動している「読書アドバイザー」の会員の皆さまです。会員それぞれのお立場から読書推進活動を日々実践されています。

サロンでは、それぞれが、本の内容を気持ちを込めて、又、趣向を凝らして発表くださいました。どの本も、ついつい手に取って読んでみたくなりました。

来館者も、立ち止まって話を聞いていたり、本の紹介のチラシをお持ちくださっていました。ひだまりサロンの本の紹介コーナーに紹介本のチラシを置きますのでどうぞ、お持ちください。


オカリナ ピアノミニコンサート 平成30年10月20日(土

20181020美馬さんひだまりサロン     20181020美馬さん本    紹介した本の紹介

出演者 美馬佳代さん

プログラム

1.アラベスク
2.Komoro no saka(オリジナル曲)
3.もみじ
4.ふるさと
5.となりのトトロ
6.カントリーロード
7.さんぽ

サロンの様子

今年4月に小諸に転居されてきた美馬佳代さん。吹奏楽クラリネットが音楽との出会い、その後、音楽の仕事に携わり、弘前桜の園作曲コンクールに入選されるなど、音楽と深く関わる生活をされてきたそうです。

オリジナル曲Komoro no sakaでは、坂の多い小諸の街を表した、澄み切った空を思い起こさせる曲をご披露くださいました。

お子さん連れのお客様が多く、ともに口ずさんでくださり、また、きれいに合唱してくださるお客様もいて、ピアノ、オカリナの曲が館内に優しく流れました。

 


朗読会 藤沢周平著「驟り雨」 平成30年9月9日(日

 20180909 中村俊司 朗読会       20180909 中村俊司 朗読会2 紹介した本の一覧

出演者 中村俊司さん

 

サロンの様子

中村俊司さんによる朗読会は、ひだまりサロンでは3回目となりました。中村さんの自己紹介を経て、朗読の第一声が発せられると、聞いている皆さまが、

一斉に姿勢を正しました。良く通る声に自然と話の中に引き込まれて、雨の降る中での出来事がまるで目の前に展開されているかのように、感じられました。

中村さんの朗読が進むにつれ、お客様も増え、客席に座っていない方も手を止め、目を上げ、朗読に聞き入っていました。

 


音楽と私と図書館とvol.2 平成30年8月25日(土

20080825音楽と私と図書館と  20180825音楽と私と図書館と2 紹介した本の一覧

出 演 者:バロミータ・ブランカ&吉池美代子さん

プログラム

朗読  あまんきみこ作 「鳥よめ」

挿入歌

You were there/村松崇継

.亜麻色の髪の乙女/クロード・ドビュッシー
.甘い思い出/フェリックス・メンデルスゾーン
アダジエット/グフタフ・マーラー

アメイジング・グレイス/アメリカ民謡

 

サロンの様子

 

パロミータ・ブランカの皆さんによるヴァイオリン、ピアノ、歌の演奏に乗せて、吉池孝子さんの朗読。朗読のお話の内容に合わせて、

絶妙のタイミングで演奏が入り、観客の皆さんの息をのむ音が聞こえてくるようなコンサートでした。朗読の声と演奏が、図書館の隅々

にまで広がり、本を読む目を上げている方、勉強中のペンの止まる方が、多く見られました。クライマックスのシーンでは、涙を流されている方もいました。

 

 

ハッピー・ウクレレ 平成30年7月15日(日

ひだまりサロン ハッピーウクレレ  ひだまり展示ハッピーウクレレ 紹介した本の一覧

 

                       

出 演 者:若木一寿さん

プログラム

1.星に願いを
2.さんぽ
3.大きな古時計
4.ミッキーマウスマーチ
5.TSUNAMI
6.ブルーハワイ
7.フライミートゥザムーン

 

サロンの様子

今回出演の若木さんは、毎年7~10月は小諸または軽井沢に滞在しているそうです。普段は、ボランディアでデイサービスなどで演奏されているそうです。

サロンでは、小さなお子様がウクレレに合わせて、声を出していたり、ウクレレを始めた方が演奏後に熱心にお話を聞いていたりしていました。

 


小諸高校音楽科 平成30年7月14日(土

小諸高校音楽科20180714-a  小諸高校音楽科20180714-b

出 演 者:小諸高校音楽科

プログラム

合唱  1.ポジティヴ太郎~いつでも始まり~
    2.無伴奏女声合唱のための「星翠譜」よりⅠオリオンは西に移りて ・・・Ⅳ南天の蠍よもしなれ・・

弦楽奏 3.ホールニューワールド
    4.いつも何度でも
    5.リトル・マーメイド

サロンの様子

 

26名の皆さんによる合唱で始まりました。合唱が始まると、図書館内の皆さまが一斉に注目して、聞き惚れていました。合間に図書館職員による

本の紹介(ブックトーク)が入り、続いて、14名の皆さんによる弦楽奏。弦楽の深い音色は、図書館の雰囲気にとても合っていると感想も聞かれました。

小諸高校音楽科の皆さんは、7/16NHK合唱コンクール、8月全国高等学校総合文化祭、8/4ウイーンのムジークギムナジウム高校との交流演奏会等でも

演奏され、多くの皆さんに感動を与えています。

 


コカリナミニコンサート 平成29年月日(土

                            20170318 りんどう会とその仲間たちさん

出 演 者:りんどう会とその仲間たち

プログラム

1.春が来た
2.うめの花
3.思い出のアルバム
4.さんぽ
5.上を向いて歩こう
6.千曲川
7.北国の春
 アンコール:ふるさと

サロンの様子

『お人形さんめぐり』での演奏がきっかけで12年前に結成された りんどう会とその仲間たち の皆さん。普段は老人施設や桜まつりなどで演奏されています。今回、サロンで他のグループが演奏しているところを見て「私たちにもできるわ!」と申し込んでくださいました。

耳なじみのある童謡や演歌が中心のプログラムでしたが、曲の前にはコカリナの事や曲の説明、季節の話題などを交えながらの演奏となりました。
素朴で柔らかな音色と息の合った演奏に心癒されるひと時となりました。


ヴァイオリンとピアノのミニコンサート 平成29年3月11日(土)

コピーヌクラブ

出演者:コピーヌクラブ

プログラム

1.レクイエム (モーツアルト/作曲)
2.千本桜 (黒うさP/作曲)
3.ボラーレ (ドメニコ・モドゥーニョ/作曲)
4.お楽しみタイム~子どもから大人まで一緒に楽しみましょう!
アルプス一万尺 他
5.情熱大陸 (葉加瀬太郎/作曲)
アンコール:もりのくまさん

サロンの様子

いつもはピアノ・ヴァイオリン・フルートの3名でプロ活動をしているコピーヌクラブさん。フルートの方がしばらくお休みされるということで二人の演奏に慣れる為、今回は無償で参加してくださいました。
演奏日が3.11ということで『レクイエム』から始まり、CMで耳なじみのある曲や観客を巻き込んでの演奏など楽しいステージを披露してくださいました。


小諸高校音楽科ウィーン音楽研修に参加された方によるコンサート 平成29年2月18日(土)

2017.2.18小諸高校

プログラム

1.ソプラノ独唱(小山百合香さん)ピアノ伴奏(内藤菜々美さん)
  ゆりかご   (平井 康三郎/作曲)
  貴方への愛を捨てることは  (フランチェスコ・ガスパリーニ/作曲)
  永遠の愛と誠 来て愛しい人よ (ヴィバルディー/作曲)

2.スネア独奏(上村愛さん)
  THE CHARENGE              (アーノルド・リードハマー/作曲)

3.フルート独奏(鳥羽そよかさん)ピアノ伴奏(小林百香さん)
  シチリアーノ (フォーレ/作曲)

4.フルート2重奏(鳥羽そよかさん・坂口歌菜さん)ピアノ伴奏(内藤菜々美さん)
  海の声 (島袋 優/作曲)

アンコール(フルート2重奏) 海の声

サロンの様子

平成28年度最後の小諸高校のひだまりサロンは、ウィーン音楽研修に参加した生徒さんの中から6名の方が来てくださいました。
それぞれ演奏前にウィーンでのレッスンの様子や感動したこと、美味しかった食べ物などインタビューしてみましたが、しっかりとした受け答えに感動し、また素晴らしい演奏に酔いしれました。どの生徒さんもこれからの演奏活動に前向きで今後も楽しみな小諸高校音楽科です。


西洋・東洋の古楽器によるミニコンサート 平成29年1月15日(土)

20170115佐久古楽合奏団

出演者:佐久古楽合奏団

プログラム

1.様々な古楽器の合奏 (ヴィオラダガンバ・リコーダー・リュートのブロークンコンソート)

今こそ別れの時(蛙のガリアルド)   J.ダウランド/作曲
ああエルスライン             L.ゼンフル/作曲

2.西洋と東洋(尺八・ヴィオラダガンバ・リュートによる古典邦楽)

小室節  日本民謡
望月小唄 中山晋平/作曲

3. ヴィオラダガンバ コンソート (トレブル・アルト・テナー・バス5声のガンバによる合奏)

白銀の白鳥  O.ギボンズ/作曲
パバーヌ  A.ホルボーン/作曲
ガルアルド  A.ホルボーン/作曲
トルコ人の儀式のための行進曲  J.リュリ/作曲

サロンの様子

 あまり聞き馴染みのない楽器、ヴィオラ・ダ・ガンバ。日本に5人しか製作者がいない中、ここ東信地区には2名もいるそうです。発起人の方が工房の一つを訪れた際ヴィオラ・ダ・ガンバに魅せられ、広めようと楽団を結成されたのが昨年9月。いろいろな場所でその音色を披露されています。

 結成間もないため、今日のために猛練習されたそうです。その成果がよく出ていました。今回愛知から聞きに来た方もいて、皆さんが古き良き時代を彷彿とさせる音色を楽しんでいました。


過去のひだまりサロンの様子はひだまりサロンバックナンバーのページをご覧ください。


小諸図書館トップページ

お問い合わせ

教育委員会 図書館
TEL:0267-22-1019
FAX:0267-22-1165
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。