開かれた議会 市民のみなさまへ わかりやすく お伝えします。

平成26年3月定例会 一般質問通告(代表質問)

公開日 2014年03月21日

最終更新日 2014年03月21日

 

平成26年3月定例会 一般質問通告(代表質問)

 

3月5日(水)

 【NO.1】

 

 新政会 代表者 別府 福雄  議員

1 2月の豪雪災害について

  (1)現状の問題と課題について

  (2)今後の為に、今回の総括をしっかりと行うべきであると考えるがどうか

  (3)市民協働の更なる共通認識の構築について

2 平成26年度一般会計予算案と今後の財政状況について

  (1)施政方針と予算案への反映の捉え方について

  (2)大型重点事業と今後の優先事業についての捉え方は

  (3)新たな長期財政試算を作成する時期と考えるがどうか

3 浅間山の麓での主要国首脳会議(G8)招致について

  (1)世界の平和を希求する観点から招致に向けての協力姿勢を

【NO.2】

 

政真会 代表者 中村 憲次 議員

1 平成26年度に向けた行政運営の取り組み姿勢について

  (1)豪雪に関する行政対応の検証と課題について

  (2)環境行政の取り組み姿勢について

  (3)外郭団体への今後の対応について

【NO.3】

 

 小諸竜馬の会 代表者 依田 善典 議員

1 農業政策について

  (1)六次産業の推進について

 【NO.4】 

 

 公明党 代表者 疇地  稔 議員

1 平成26年度予算案について

  (1)平成26年記録的大雪の被害状況及び対応と今後の課題について

  (2)平成26年度施政方針について市長の想いは

  (3)市民協働のまちづくりの為にPFIを活用してはどうか

 【NO.5】

 

創正会 代表者 田中 寿光 議員

1 施政方針について

  (1) 「第5次基本構想」における、「地域経営のための計画」とは何か

  (2)「新しい公共」の考え方はどうか

  (3)「ナショナルトレーニングセンター」拠点施設の推進体制はどうか

  (4)小諸市地域防災計画に雪害対策等の追加はどうか

2 平成26年度予算提案について

  (1) 第9次基本計画の実施計画の中で、特に力を入れる市長公約事業はどうか

 【NO.6】

 

新風会 代表者 林   稔 議員

1 平成26年度、栁田市長の施政方針と当初予算について

  (1)豪雪災害対応の混乱とその背景及び教訓をどう考えるか、また、今後の防災対策にどう活かされるか

  (2)市長任期の折り返しの年度、小諸市の将来につながる「まちづくりの礎づくり」を目指す姿とその取り組みと、市長が描く「ビジョン」を市民に明示すべきと思うがどうか

  (3)重要事業、主要事業、公約事業を確実に推進するための予算措置及び「第5次基本構想」の関連について

  (4)小諸市自治基本条例の理念に沿ったまちづくりにおいて、「市民協働」・「新しい公共サービス」等とはどのようなものか

 【NO.7】

 

 日本共産党 代表者 柏木 博美 議員

1 市民協働のまちづくりについて

(1)社会教育と図書館の役割について

  (2)「新しい公共」について

2 浅間山麓高地トレーニングエリア構想について

  (1)市の具体的取り組みと財政負担について

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。